等々力(笠松将)、来美(中条あやみ)

竹内涼真が出演を務める、日本テレビ×Huluの共同製作ドラマ『君と世界が終わる日に Season1』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第8話が、3月7日に放送される。

通信手段なし、逃げ場なし、生存確率0%……生ける屍に占拠された世界の最期を生き抜くため、竹内演じる主人公・響らが奔走する極限のサバイバルラブストーリー。脚本は『アリスの棘』『砂の塔〜知りすぎた隣人』(TBS系)、『真犯人』『絶叫』(WOWOW)、『Wの悲劇』(NHK)など、濃密な人間ドラマに定評のある池田奈津子。演出は『トドメの接吻』『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)などを手掛けた気鋭の演出家・菅原伸太郎が務める。

第7話では、変わり果てた母・琴子(臼田あさ美)の姿にショックを受け、トドメをさせない響(竹内)。そんな中、響を心配して引き返した佳奈恵(飯豊まりえ)とミンジュン(キム・ジェヒョン)が琴子のゴーレムに遭遇。もみ合いになったミンジュンが腕を噛まれてしまう。ミンジュンの姉・ジアン(玄理)は、響にワクチンを託して逃走を手助けすると提案。だが、冷凍保存装置の中に首藤(滝藤賢一)が研究していたはずのワクチンはなく……。混乱の中、響はワクチンの代わりに治験者から採取されたという未完成の治療薬を手にし、ミンジュンの元へ! しかし、仲間たちの願いも虚しく、ゴーレムに転化したミンジュンを響は殺害する。

第8話ではミンジュンがゴーレムに噛まれた原因は“駐屯地にいる女”によって刺された傷だと知った響は、その正体が来美(中条あやみ)だとは知らずに憎しみを募らせていた。駐屯地ではゴーレムの襲撃により生存者が激減。首藤がワクチン開発に尽力していると信じ、心酔する来美。危険を顧みず自分の体を使った臨床実験を進めていく来美の心の傷を目の当たりにした等々力(笠松将)は、思わず来美を抱きしめて、秘めた本心を打ち明ける。響は残った仲間たちと、まだゴーレムが発生していない島を協力して守ることを坪井(小久保寿人)に持ちかける。しかし、来美を忘れようと誓ったその心はまだ復讐の怒りに支配されていた。響を心配し、思いを募らせる佳奈恵は、寝ている響に思わず唇を重ねようとする。そのころ、駐屯地グループは安住の地を求めて響達の暮らす猿ノ島に上陸する。その中には来美の姿も……。ついに二人は再会するのか!?

<第8話あらすじ>
ミンジュン(キム・ジェヒョン)がゴーレムに噛まれたのは“女”に刺された傷が原因だったと知った響(竹内)は、“女”の正体が来美(中条)だとは知らずに、憎しみを募らせていた。仲間たちもまた、ミンジュンを失ったことで復讐心に駆られる。

一方、駐屯地にはゴーレムが侵入し、生存者が激減。首藤(滝藤)を裏切り、冷凍保存装置の中にワクチンが存在しないことを知ったジアン(玄理)は、駐屯地の一室に幽閉されていた。ワクチンの代わりに冷凍保存装置の中にあったものとは一体何なのか?

そんな中、駐屯地で結成された自警団は、安全な場所を求めて駐屯地外への調査を始める。そして、首藤がワクチン開発に尽力していると信じる来美は、首藤への信頼を益々厚くしていた。償いのため、自分の体を使った臨床実験を進める来美。そんな来美の心の傷を目の当たりにした等々力(笠松)は、思わず来美を抱きしめて……。

翌日、島に見慣れないゴムボートが接近。乗っていたのは駐屯地から偵察に訪れた等々力だった。首藤の下につき、島を明け渡せと迫る等々力に、響は激しい怒りを爆発させる!

その頃、駐屯地では帰りの遅い等々力を案じて、自警団のメンバーが再び島を目指す準備を始めていた。その中には、来美の姿もあり……。響と来美、二人の運命の歯車が再び動き出そうとしていた!