もつ煮と言えば、居酒屋の定番。ビールと一緒にとりあえず注文する人も多いだろう。そんなもつ煮を、群馬県民は定食として昼も食べるという。うーん、あれを定食にってのはちょっと違和感。だが群馬県民に「酒のつまみじゃないの?」と聞くと「モツろんです!」とすかさず返すほど、定食としても馴染んでいるようだ。他県では居酒屋以外でもつ煮を出す店は少ないが、群馬では普通に定食屋さんのメニューに入っている。「群馬では、それ常識」とおっちゃんがドヤ顔で言うほどだ。おっちゃんだけではない、成人式を迎えたばかりのうら若き乙女も「海外旅行から帰ってきて一番最初に食べたいと思ったのがもつ煮!」だったそうだ。「もつ煮がおかずでそれでごはんが普通」と乙女たちがもつ煮の話題で盛り上がる。子どもを含めて老若男女がもつ煮を食べる不思議の国だぞ、群馬県!
©ytv (7754)では群馬県民で盛り上がるお昼時の食堂に行ってみよう。多くの人が食べているもつ煮定食は、その名の通り、居酒屋で出るよりたっぷり盛られたもつ煮がメイン。あとは味噌汁と冷奴、小鉢と漬物。もつ煮でごはんを食べろ、とお膳が主張している。ビールはないの?と言いたくなる。
©ytv (7756)これを群馬県民、当たり前のように食べている。もつ煮の似合うおっちゃんだけでなく、女性も、子どもたちも、ばくばくともつ煮を食べてはごはんをかきこんでいるではないか。あるレディーにごはんに合うのかと聞くと「めちゃくちゃ合います!」と即答。「お味噌汁の味噌よりグッと深みがあって、ちょっと甘めの味噌でグツグツ煮込んでるので、もつと中のこんにゃくに味噌が染み込んで、めしが進む濃さです」と大変説得力ある解説をしてくれた。別のおっちゃんが「定食の王様って言っても過言じゃないですね」と胸を張るけど、いや王様じゃないと思う。



群馬県には昔ながらの食堂が多く、いろんな定食を提供する中で、定番化しているのがもつ煮定食なのだ。中でも、渋川市にある永井食堂は有名で、市街地から離れたずいぶん山の中にあるのに行列ができている。そう、みなさんもつ煮定食を食べに来たのだ。
©ytv (7758)ここのもつ煮定食は冷奴もついてなくてほぼもつ煮とごはん、そして味噌汁というレイアウト。もつ煮の量もいよいよでかい!そしてブラウンがさらに濃いぞ!
©ytv (7760)伊勢崎市から来たと言う若いカップルは1時間かけてたどり着いたそうだ。「私が2日前から食べたくなって」と女子が言う。「もつ煮定食食べたい!」と若い女性が言う県は群馬以外ないだろうなあ。



この取材は2013年だったのだが、あれから8年、コロナ禍で永井食堂はどうしてるだろうと行ってみた。さすがに行列はできていなかったが、店内は相変わらず活気がありお客さんも大勢いて安心した。女将さんの永井昭江さんに聞くと「コロナ禍でお客さんはかなり減ってます」とおっしゃる。だが永井食堂にはコロナを乗り切る秘策があった。テイクアウト用の「もつ煮自動販売機」!3人前900gのもつ煮が1,000円で買える。120個入る機械が、土曜の朝には売り切れているという。
©ytv (7762)閉店後、観察すると確かに、次々に車が夜道を走らせてきて、もつ煮を続々購入していく。日付が変わって深夜になっても大型トラックで乗りつける人がいた!新潟に帰る途中だが「高速のPAにも同じようなもつ煮を売っているけど、やっぱりここの味が一番!」なので来たそうだ。つまり高速を降りてこの山間までやってきて、また高速に乗るのだろう。そこまでして、知ってる人は群馬のもつ煮を食べるんだな!



コロナが明けたら群馬の食堂に行って食べたいね、もつ煮定食。でももう少し時間がかかりそうだから、お取り寄せで探してみようかな!



【文:境 治】