PayPayとLINE Pay、国内QR・バーコード決済を「PayPay」統合 4月から「PayPay」対象店で「LINE Pay」支払い可能

PayPayとLINE Payは3月1日、スマホ加盟店におけるQRコード連携を開始した。これにより2021年4月下旬以降、全国300万カ所以上の「PayPay」加盟店のうち、ユーザースキャン方式(MPM)加盟店において「LINE Pay」での支払いが可能になる。

ZホールディングスとLINEの経営統合により、同じグループ傘下となった両社は、2022年4月にLINE Payの国内QR・バーコード決済事業をPayPayの事業へ統合することについて協議を開始しており、今回のQRコード連携は、その第一弾の取り組みとなる。QRコード連携により、2021年4月下旬以降に全国300万ヵ所以上のPayPay加盟店のうち、ユーザースキャン方式(MPM)を導入している加盟店において、「PayPay」に加えて「LINE Pay」での支払いが可能になる。

これによりユーザーは、1つのQRコードで「PayPay」と「LINE Pay」双方での支払いが可能になるため、最大約7500万人の集客が期待できる。また導入店舗は、複数の決済手段に対応する際の導入・管理コストの削減につながるとしている。なお、本対応にあたって加盟店側での手続きは不要で、手数料等にも変更は生じない。対象加盟店には、順次新しいアクセプタンスマークを発送予定としている。


店頭での掲示イメージ

PayPayとLINE Payは、共に日本のキャッシュレス化推進を目標に掲げ、社会のインフラとなる決済サービスを提供してきた。日本全国どこでもスマホひとつで支払える環境の整備、利便性の向上、安全・安心に利用できるサービスの追求、社会を賑わす大々的なキャンペーンなど、数年前まで多くの人にとって新たな体験であったスマートフォン決済を、日常生活に寄り添う身近なサービスにするため、さまざまな取り組みを行ってきた。このほどZホールディングスとLINEの経営統合が実現されたことにより、同じグループ傘下の仲間として双方の強みを活かし、シナジーを生みながら同じ目標に向かっていくとしている。