【「楽天SOY2020」受賞店に聞く】 「スタイルオンバッグ」売上は前年比1.5倍増 自社開発商品が人気

【楽天SOY2020】 〈バッグ・小物・ブランド雑貨 ジャンル大賞〉
「スタイルオンバッグ」

「楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー2020」で「バッグ・小物・ブランド雑貨」のジャンル大賞を受賞した「スタイルオンバッグ」のStyleOn 小林広美社長に『受賞要因』や『今後の戦略』などを聞いた。


bag
小林広美社長

2020年の売り上げは前年比で1.5倍に増加した。当社の商品は自社工場で開発・製造して、品質からコントロールしており、こだわり抜いたものづくりを徹底している。2014年の開店当初から、「赤字にならない範囲で極力価格を抑え、お客さまが喜んでくれる本当に品質の良い商品を提供したい」という思いで運営している。そのような姿勢を反映した商品群は、お客さまから高い評価をいただいている。

カスタマーサポートに注力してきたことが、今回の大賞受賞につながったと考えている。「お客さまの目線で接客をしよう」と、スタッフの教育も徹底している。お客さまに対して、便利な購買体験をいかに提供できるかを重視している。ファンになってもらえるよう、レスポンスの良さや、丁寧な接客を心掛けた。

2020年には、90日以内は返品ができる「90日間安心補償サービス」も導入した。私自身、ECサイトで実物を見ずに商品を購入し、「がっかり」した経験が多かった。そのため、お客さまには、ECサイトでも安心して購入してもらえるようにしたいと思い、このサービスを始めた。今のところ返品を希望する人はほとんどおらず、売り上げの増加にもつながっている。

人気が高い商品には、普段使いができる、カジュアルで持ち運びがしやすいものが多い。カラーバリエーションは豊富に用意しているが、流行の変化のスピードが早いバッグについては、「はやり」を追いすぎないようにも気を付けている。ただ、ビジネスでもプライベートでも、さまざまなシーンで使いやすいシンプルなデザインは、ここ数年の大きなトレンド。こうした大枠の傾向などは、商品づくりや品ぞろえにしっかり反映させるよう心掛けている。

インスタグラムなどのSNSを中心に、当店のブランドメッセージや、商品の魅力などの情報を発信していきたい。

2014年の開店以来、売り上げは毎年右肩上がりだ。品質の高い商品の提供や、カスタマーサポートの充実に長年注力してきた積み重ねが、お客さまに支持されていると思う。今後も引き続きお客さまに喜んでもらえるサービスを提供していきたい。