パル、新ブランド「PLUS OTO.HA」をECで先行販売 『新 おとなの日常着』がコンセプト

アパレル商品および雑貨の企画製造販売を行うパリグループのパルはこのほど、50代向けの新規ファッションブランド「PLUS OTO.HA(プラス オトハ)」を今春よりスタートすると発表した。3月11日からECサイトでの販売を開始する。需要の高まりが期待される新マーケットへの参入を図る。

【<画像3点>「PLUS OTO.HA」のアイテムイメージ】

「PLUS OTO.HA」は、”新 おとなの日常着”がコンセプトのファッションブランド。人口の多さに反比例し、おとなの悩みやコンプレックスである敏感肌や体形の変化に寄り添ったブランドが少ないとし、ファッションを楽しみつつ現代を生きる女性たちに向けて発信。今後より需要が高まる新しいマーケットへ参入するとしている。

おうち時間から近距離のお出かけまでを網羅する、快適かつ機能的なアイテムラインナップが特徴で、同世代であるブランドディレクターの他、宝島社「大人のおしゃれ手帖」誌とタッグを組み、女性の気持ちやお悩みのポイントを企画に活かした商品展開を行っていくとしている。

ブランドのスタート当初はECのみで展開し、将来的に店舗展開を目指す。立ち上がり時は、自社サイトである「パルクローゼット」の他、集英社の「HAPPY PLUS」「eclat PREMIUM」の3サイトから販売を開始する。


「パルクローゼット」
https://www.palcloset.jp/plusotoha/