麗子(菜々緒)、奈未(上白石萌音)

上白石萌音が主演を務めるドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第8話が、3月2日に放送される。

ファッション雑誌編集部を舞台に、主人公がドSな鬼編集長や運命的な出会いをする子犬系男子に振り回されながらも、恋と仕事に懸命に立ち向かい成長していく胸キュンお仕事&ラブコメディ。

上白石がその名の通り「仕事も恋愛もほどほどに。人並みで、普通の幸せを手にしたい」というイマドキの安定志向の持ち主の主人公・鈴木奈未を演じ、彼女が配属されるファッション雑誌編集部で出会った最年少編集長・宝来麗子を菜々緒、ひょんなことから出会った、子犬系イケメン御曹司でカメラマンの宝来潤之介を玉森裕太(Kis-My-Ft2)、クールな先輩編集者・中沢涼太を間宮祥太朗が演じる。

先週放送された第7話では、長野で終電を逃してしまった奈未に会いに、潤之介がバイクでやってくる。お互いの思いを告げ抱き合う2人にインターネット上では「東京から長野へ奈未を迎えに行く潤之介の素直な気持ちに心打たれました」「数えきれない位パワーワード詰め込んだよね潤之介くん」とのコメントが。また、奈未が無くしたブレスレットを一晩中探し続けた中沢にも、「中沢さんの最後まで空気の読める隙のない良い男っぷりに全視聴が完全に落ちただろ(確信)」「中沢さん火曜ドラマ史上というか地球上ぶっちぎりでいい男すぎないか」などの声が寄せられていた。

<第8話あらすじ>
迫りくる音羽堂出版社の吸収合併と「MIYAVI」の廃刊危機を乗り越えるべく、COACHとMIYAVI、そしてISOBEの3社がコラボレーションする化粧水のプロジェクトへ向けて編集部は動き出した!

そんな中、奈未(上白石)は特集記事の磯辺(近藤芳正)社長の紹介欄の執筆を任され、自分の原稿が初めて雑誌に載ると期待に胸を膨らませる。そして潤之介 (玉森)との仲は距離がグッと縮まったことで、仕事中も潤之介との半同居生活を思い出してはニヤけてしまうのだった。

そして一度、金沢の実家へと帰った潤之介は、母・香織(高橋ひとみ)に宝来グループを継ぐことを前向きに考えていると告げるのだが、付き合っている彼女を連れて帰って来いと言われてしまう。

そんなある日、編集部に写真週刊誌から一枚のゲラが送られてきた。そこには奈未と麗子(菜々緒)が写っており……!?