みなさんこんにちは。科学コミュニケーターの伊達です。
2/10からはじまったニコニコ生放送「わかんないよね新型コロナ」。水曜と土曜の週2回、新型コロナに関する話題をお届けしております。

このブログでは2/24(水)の放送回を振り返ります。
この日の放送では、視聴者の皆さまからいただいた質問にお答えする形式で進めました。この記事では番組で扱った内容からいくつかピックアップしてお届けします。その他のご質問についても文末にリストアップしたので、ぜひ番組アーカイブをご覧ください。

Q:新型コロナにかかって、すでに完治している。そんな自分もワクチンは打った方がよいのか? (2/20ニコニコ生放送 コメントより)

A. 現時点では、回復した人でも新型コロナワクチンの接種が推奨されています。

この質問には、2月17日にご出演いただいた氏家無限先生よりメールにて回答を頂きました。 (回答日:2021年2月22日)
「新型コロナウイルスは全て同じではなく、異なる種類のウイルスに再感染することが報告されています。そのため、新型コロナウイルス感染症にかかって、回復した人でも、新型コロナワクチンの接種が推奨されています。」

この回答に対して番組中で堀さんは、「一度かかったあとワクチンを接種したという方のデータがこれから蓄積されてくると状況が変わる可能性もあるので、“現時点では”と考えると良い」と話していました。

氏家先生からは関連して、以下の論文もご紹介いただきました。
関連リンク:(査読前の論文)Antibodies elicited by SARS-CoV-2 infection and boosted by vaccination neutralize an emerging variant and SARS-CoV-1
概要:既感染者へのファイザーorモデルナワクチンの接種で、B 細胞及びCD4+ T細胞のブースター反応が得られ、中和抗体価が1000倍に増加

加えて、氏家先生は以下のようにもメールに書かれています。
「ただし、接種を行うタイミングは体調が回復してからになり、感染から90日以内の再感染のリスクは低いので、慌てて接種する必要性は低いかもしれません。また、すでに免疫がある状態のため、接種回数は2回ではなくて1回でも良いのではないかというデータが増えてきていますが、現時点では情報が少ないので2回の接種を行う国が多いようです。」

Q:ワクチンを打った後に熱が出たら、他の人に何か感染させてしまう可能性はある?

A:その心配はありません。

ワクチン接種後、体に免疫ができる過程で痛みや発熱が生じることがあります。この場合は、ウイルスが体の中で増えているわけではありません。そのため他の人に感染させてしまう心配はしなくて大丈夫です。

ただし、発熱しているときに無理をすると自分自身の症状が悪化する場合があります。無理して活動せず、ゆっくり休んでください。
また、下の2月17日の科学コミュニケーター小林のブログでも触れているように、発熱などの症状がとてもつらい場合は他の病気が原因の可能性もあります。この場合は無理せず医療機関にかかることをお勧めします。また、ワクチン接種による痛みや発熱を抑えるためにこうした症状が出る前から予防として薬を飲むことは、ワクチンの効果を下げてしまうという研究成果もあり控えた方が良さそうです。

■みなさんの疑問をお寄せください
2月17日から日本でも医療従事者へのワクチン接種がはじまりました。高齢者への接種も4月12日から始まる予定です。1月から続いていた緊急事態宣言も大阪、兵庫、京都、愛知、岐阜、福岡の6府県では2月28日までで解除となり、残る東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県も3月7日に解除される方針です。

目まぐるしく社会の状況が変わるなかでたくさんの情報が飛び交い、それを受けとったときにはたくさんの疑問が浮かび、不安が出てきていると思います。
番組では、できるだけみなさんの疑問や不安を受け止めながら、判断のための情報を発信していきたいと考えています。

Author
執筆: 伊達 雄亮(日本科学未来館 科学コミュニケーター)
"どこでもドア"、"タイムマシン"、"タケコプター"......。ドラえもんの「ひみつ道具」を作りたい!! と夢見た少年時代。その夢を叶えるべく大学院へ進学し、工学修士号を取得。その後メーカーで日用品の研究開発に従事するも、多くの方とこんな「ひみつ道具」があったらいいな、ということを語り合いたい!という思いから、未来館へ。