ももクロ百田「いま振り返ったほうが重みがある」車で全国をまわっていた“下積み時代”を振り返る
ももいろクローバーZのメンバーがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」。好奇心を刺激する“知識”と日曜夕方を彩る“音楽”をあわせ持った家族で楽しめる「知識+音楽のハイブリッドプログラム」です。毎週、より音楽が色濃くなって、家族でドライブに行きたくなるような1時間をお届けします。

2月28日(日)の放送では、「仕事も、恋も、勉強も! 背中を押してくれる応援ソングプレイリスト」の最終回をお届け。リスナーのみなさんから募集した「頑張る人を後押しする応援ソング」をオンエアしていきました。


(左から)ももいろクローバーZの“しおりん”こと玉井詩織、“かなこ”こと百田夏菜子、番組ナビゲーターの清野茂樹



◆背中を押してくれる応援ソング
<リスナーからのリクエスト・メッセージ>
「私の応援ソングは、フラワーカンパニーズの『深夜高速』です。人生は簡単にはいかないし良いことばかりじゃないけど、それでも、この歌の歌詞のように“生きててよかった、そんな夜を全力で探そう”と思えます。1人で運転する車のなかで流すと、特に心に染みてきます」

清野:この曲は僕も大好きなんです。フラワーカンパニーズというバンドはご存知ですか?

しおりん:私は初めて聞きました。

かなこ:私もです。

清野:1995年にメジャーデビューして、かれこれ25年。メンバーチェンジもなく長く活動をされているんですね。ライブをやるときには、自分たちで楽器や機材を車に詰めて全国を回る。そのときの状況を歌っている曲なんです。

かなこ・しおりん:だから「深夜高速」なんだ!

清野:この年齢になってくると(「深夜高速」の歌詞が)“心に染みる”というか。うまくいくことばかりではないし、だけど特に悪いこともないけど、パッとしない日々なんていうのもあるじゃないですか。

しおりん:より歳を重ねたほうが染みてくる!?

清野:これは染みますねぇ~。

かなこ:(YouTubeの)「THE FIRST TAKE」でも歌われているんですね。

清野:昨年アコースティックバージョンで収録されたものがアップされて、YouTubeでも話題になりました。

しおりん:私たち世代や、もうちょっと若い世代にも知られている楽曲なんですね。

清野:そうですね。“生きててよかった”という歌詞が繰り返し出てくるので、この言葉がすごく頭に残ると思います。

しおりん:最初の静かな感じから徐々に曲調が激しくなっていくところで、(車の)ヘッドライトが頭に浮かびました。



清野:夜って、景色が変わらないじゃないですか。歳を取ると結構(変化のない毎日が)きついわけですよ。そういう毎日の積み重ねが、この歌にはある気がするんです。

しおりん:夜って、すごく長く感じますもんね。“同じ時間を進んでいるはずなのに、この夜がずっと終わらないんじゃないか?”とか、そんなことを感じながら移動していたのかな。 あと、歌詞がめちゃくちゃ耳に残りました。

かなこ:私は(フラワーカンパニーズの)ライブに行きたいなって思いました。ライブでこの曲の感じを体感したら、それぞれが自分の人生を振り返っていそう。

しおりん:私は、真夏のフェスの夜に聴きたい。

清野:この曲は圧倒的に男性に人気なんですけど、2人からそんな感想が聴けるのは新鮮ですね。

しおりん:根本的に、女性も男性も思っていることは変わらないと思うので、すごく響きました。

かなこ:私たちも結成当初に車で全国をまわっていたときがあったんですけど、そのときにはこういう感情ってなかったんですよ。いま当時の自分たちを振り返ると、少し共感できる部分があるというか……。そのときは“夏休みイェ~イ!”みたいな感じもあったから(笑)。いま振り返ったほうが重みがあるというか。



しおりん:たしかに(笑)。この楽曲を主題歌にして、当時の映像を頭のなかで思い返すと、めちゃめちゃいい映像ができるよね。

かなこ:本当に!


〈番組概要〉
番組名:ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週日曜 16:00~16:55
パーソナリティ:ももいろクローバーZ、清野茂樹
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/clover/