賀来賢人も興奮!「めちゃめちゃいい声!」念願の外国人リスナーと生電話
俳優の賀来賢人がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”」。2月25日(木)の放送では、この日の放送で記念すべき“400回目”ということで、「ケンクラ」とゆかりの深いクラブ会員(※本番組でのリスナーの呼称)と生電話でトークしました。

番組のタイトルコールを送ってくれたクラブ会員・サムさんの“いい声”に魅了された会長(※本番組での賀来の呼称)。相当ツボにハマったようで、これまで何回もサムさんのタイトルコールを紹介してきました。そんなサムさんと「ケンクラ」の400回目を祝します。


パーソナリティの賀来賢人



◆400回目を祝してクラブ会員と生電話
会長:サムさん、はじめまして! 賀来と申します。

サム:サムと申します。

会長:うわぁ、サムさんだ~。ラジオDJばりの、理想のタイトルコールを送ってくれたサムさん。なにか声にちなんだお仕事をされているんですか?

サム:いえ、全然。

会長:サムさんは、どちらの国の方なんですか?

サム:アメリカです。

会長:日本に来て何年ぐらい?

サム:7年ぐらいですね。

会長:確かにめちゃめちゃ日本語が上手いですね。

サム:ありがとうございます。

会長:どんなお仕事をされているんですか?

サム:翻訳家です。日本のゲームを中心に、翻訳をやっているフリーランサーです。

会長:アメリカのゲームを(日本語に)翻訳するということですか?

サム:逆に、日本のゲームを海外の人が楽しめるように、英語に翻訳しています。

会長:へぇ~。それはサムさん自身、もともとゲームが好きだから、ということですか?

サム:はい、その通りです。

会長:日本のゲームってすごいですもんね。世界中で楽しみにしている人たちのために、サムさんが一生懸命に翻訳して楽しめるようにしているんですね。

サム:まさにそうです。

会長:やっぱり、サムさんすごい。7年も日本に住まれているということで、サムさんが1番好きな日本語はなんですか?

サム:好きな日本語は「木漏れ日」です。

会長:木漏れ日(笑)。なんでですか?

サム:英語でひと言で表現しにくいんですけど、その日本語を聞くと綺麗なイメージが浮かんで、すごく気に入りました。

会長:めちゃめちゃすごいです。サムさんは、日本人ですね。

サム:いやいやいや(笑)。でも、ありがとうございます。すごくうれしいです。

会長:最後に、例のイントネーション抜群のタイトルコールを、生でもう1度聞かせてもらっていいですか?

サム:KENTO’S CLUB♪ おめでとうございます!

会長:ハハハハハ! やった~! ありがとうございます。サムさんのおかげでめちゃめちゃテンションが上がっています(笑)。

サム:本当にうれしいです。

会長:サムさんもお仕事、頑張ってください。

サム:頑張ります!

エンディングでは、あらためてサムさんとのトークを振り返り「念願のサムさんとお話することができました。めちゃめちゃいい声でしたね(笑)」と大満足の様子。

そして、番組からのお知らせとして、2021年3月いっぱいで「ケンクラ」が終了となることを報告。会長は、リスナーに向けて「本当にたくさんの企画をやりましたね。番組が終わるのは寂しいですけど、『寂しい』とばかり言っていてもしょうがないですからね。残り1ヵ月、いろいろと怒涛の企画を詰め込み放題でやっていきたいと思いますので、みなさん最後まで『ケンクラ』をよろしくお願いします!」と呼びかけていました。

<番組概要>
番組名:賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”
放送日時:毎週月~木曜 16:50~17:00
パーソナリティ:賀来賢人
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/kento/