1月6日に放送された『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系、毎週水曜21:00~)が、2021年1月度ギャラクシー賞月間賞を受賞した。伝説のバンド、オナニーマシーンのボーカル・イノマーさんの壮絶な最期に密着した内容で、2月28日(日)27時10分から『家、ついて行ってイイですか?(特別編)』として放送される。さらに、3月1日(月)12時からネットもテレ東(テレビ東京HP、TVer、GYAO!、ニコニコチャンネル)で配信、Paraviも随時配信される。

同番組のギャラクシー賞受賞は、2015年度のテレビ部門優秀賞に続き2度目。イノマーさんの葬儀の日にパートナー女性と出会った番組スタッフの取材VTRと、亡くなる瞬間までイノマーさんを撮り続けていた『ハイパーハードボイルドグルメリポート』の上出遼平プロデューサーの映像がイノマーさんの一周忌をうけ合体した内容で、スタジオゲストの香取慎吾が収録後、「人生観を変えてしまうVTRだった」と語り、放送時はSNSで拡散されると、Twitterでは国内はもとより、世界でもトレンド1位になるなど話題となった。もう一度見たいと要望が殺到したため、このほど特別編の放送が決定した。

<上出遼平ディレクター コメント>
イノマーの病室は、会社員としての正しい振る舞いができず鬱々としていた僕にとって大切な居場所でした。イノマーが僕を受け入れ、そばにいることを許し、時に必要としてくれる瞬間が、僕にとっての救いでした。番組を見てくださった方々もきっと僕と同じように、どこか救われた気持ちになったんじゃないかと思います。この世の中は、ただ生きているだけでしんどいんだけど、だけど生きてても良いくらいには素晴らしい。そんな気がしています。

<重定菜子プロデューサー コメント>
上出Dにラッシュを見せてもらって、これまでにない衝撃を受けました。壮絶で辛い部分も多々ありましたが、こんな時だからこそ絶対地上波で放送したいと強く思いました。 今回は番組初のコラボ企画として『家、』テイストで構成しましたが、取材された映像がまだ沢山あるし、上出Dの思いや拘りのすべては出せていないので、いつかぜひ映画化してほしい!

なお、3月3日の『家、ついて行ってイイですか?』は2時間スペシャル。ゲストに美輪明宏と前田敦子が登場し、美しい女性たちの波乱万丈な人生を見守る。