【「楽天SOY2020」受賞店に聞く】 「イーザッカマニアストアーズ」 4年ぶり受賞をリスタートの契機に

【楽天SOY2020】 〈レディースファッション「大賞」〉
「イーザッカマニアストアーズ」

「楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー2020」で「レディースファッション大賞」を受賞した「イーザッカマニアストアーズ」の取締役バイヤー 浅野かおり氏に『受賞要因』や『今後の戦略』などを聞いた。


取締役バイヤー 浅野かおり氏

以前は社内にSOYを受賞せねばならないという空気もあったが、ここ数年は宅配運賃の値上げや暖冬などもあり、それどころではなかった。

今回、4年ぶりに受賞できたことで、「やっと元に戻れた」と感じたスタッフも多かったと思う。リセットされた感があった。

今回、お客さまからの投票コメントがすごく増えた。投票コメントを読んでいると応援されていると感じる。その期待に応えることができたこともうれしい。


4年ぶりの受賞をスタッフ・キャラクターみんなで喜ぶ

昨年、環境のことなどを考え、クリアファイルなど同梱物の一部を廃止した。レビューの大半が同梱物のことを書いてくださっており、廃止にはものすごく葛藤があった。

スタッフに相談すると「私もそう思っていました」と軽く言ってもらえたことが、後押しになった。お客さまには時間をかけて、同梱物の一部をやめることの思いを発信し、理解を得ることができたと思う。

当店を参考にクリアファイルを同梱していたお店もあると思う。長年、ショップをやってきた責任がある。私たちがやめたことで、そういったお店もやめやすくなるのではないか。

環境のこともそうだが、社内的にも同梱物をセットする手間を削減でき、他の部分のサービス向上を図ることができる。これまで耐え忍ぶ体制になってしまっていたが、今年は新たなことに挑戦する年にしたい。