冒険社プラコレ、ECサイト「ドレシーオンライン」でウェディングドレスの魅力発信

ウェディングやEC事業を手掛ける冒険社プラコレは、ウェディングドレスのECサイト「ドレシーオンライン」を2019年4月に開設した。ウェディングドレスを多くの花嫁に着てもらうため、低価格と利便性を追求している。

ドレスのEC需要が増加しているのを受け、2021年2月には横浜市内に自社スタジオを開設。「EC専任のスタッフを常駐させ、撮影に必要な設備機器なども完備。ドレスの着用例を増やし、利用委促進につなげたい」(打訳美由ディレクター)。

同社の武藤功樹社長は、創業の前からウェディング事業に携わっていた。「(結婚式の)中身をもっと大事したい」との思いから2015年11月に起業した。ウェディングに関する相談を店舗ではなく、オンラインで対応する「チャット相談サービス」をいち早く導入。現在は、全国で相談できる体制にしている。

創業時から展開している結婚式のチャットプラットフォーム「プラコレウェディング」は会員登録12万組を突破。全国にいる結婚式場のウェディングプランナー約1800人に対し、チャットで質問や相談できることが武器となっている。


ワンピースとのコラボドレスも販売

同時に、自社メディアやSNSも有効活用している。自社メディアの「DRESSY」や「美花嫁図鑑farny」の合計PV数は月間180万超。フェイスブックやツイッター、インスタグラムのフォロワー数は合計で51万人を超えた。

ウェディング事業を展開していく中で、従来から課題だったドレス選びを支援するための一つの手法としてECを始めた。結婚式が決まってからのドレス選びをなくし、花嫁でなくても気軽に利用できる仕組みをECで提供した。これにより、フォトウェディングの需要や一人専用の撮影会「ソロウェディング」、友人同士が集まる女子会などでもドレス利用が増えている。

2020年12月期におけるECの受注数は前年の3倍になるなど大幅に伸びている。フォトウェディングの需要増加や手軽に利用できる点が利用者を増やしている。「今後はレンタルもできるようにする」(広報・武藤みなみ氏)と話している。


「ドレシーオンライン」
https://weddingdress.pla-cole.wedding/