秦 基博「Mr.Childrenさん、ウルフルズさんのギターをコピーして…」ギターを弾き始めた少年時代を振り返る
TOKYO FMで放送中のラジオ番組「Monthly Artist File -THE VOICE-」(毎週日曜
13:00~13:55)。パーソナリティを担当するアーティストが1ヵ月ごとに替わり、楽曲の制作秘話や番組でしか聴けない特別なエピソードを披露します。2月の担当はシンガーソングライターの秦 基博さん。NHK連続テレビ小説「おちょやん」主題歌の新曲「泣き笑いのエピソード」を1月27日(水)にリリースした秦さんが、新曲制作秘話から自身の音楽ルーツまでを語ります。2月21日(日)の放送は、番組内で弾き語りライブをおこないました。

秦 基博さん



◆自分と切っても切り離せない表現方法

秦さんがギターに初めて触れたのは、小学校高学年のとき。兄のギターをなんとなく弾いてみようと思ったのが音楽キャリアのスタート。当時から「弾き語り」を意識した練習ばかりしていたと言い、「その延長線上で今もいます。弾き語りは自分と切っても切り離せない表現方法かなと思います」と語ります。

逆に、ギターのテクニックだけを練習することが苦手で、「ギターソロとかの練習は5分と持たなかったです。やっぱり歌いたいなって気持ちが先に立っていたので、当時はMr.Childrenさんやウルフルズさんのギターをコピーして、コードを覚えて、自分で曲を作るってことを繰り返していました」と振り返りました。

◆セルフカバーはしない主義だったけど…

そんな秦さんは、弾き語りベストアルバムの第2弾『evergreen2』を3月17日(水)にリリースします。このアルバムは2枚組で、DISC1は2014年以降のシングル曲の弾き語り、DISC2はファンからリクエストが多かった上位10曲の弾き語りを収録しています。

DISC2では、映画「さよならくちびる」の主題歌として提供した「さよならくちびる」のセルフカバーも。リクエスト投票ではダントツの1位を獲得したこの曲について、「提供曲はアーティストへのプレゼントだと思っているので、セルフカバーをするつもりはないと言っていたのですが、『絶対に歌わない』って前振っていた分、反動で『聴きたい』ってファンのみなさんが思ってくださったのかな?」とコメントしました。

◆新曲は、ファンの『てるみ』さんも大喜び!?

DISC1には、新曲「Tell me, Tell me」も収録。「おちょやん」でも繋がりのある女優・杉咲花さんが出演する東京海上日動のCMソングとして書き下ろした楽曲です。CMでは、杉咲さんが東京海上日動がどんな会社なのかを知っていく……というコンセプトで制作されていることから、歌詞も「これからお互いを知っていく2人」を意識してストーリーを作ったと明かします。弾き語りアルバムを制作中ということもあり、「ギター1本でも成立するアレンジや構成をイメージしながら作りました」と話しました。


新曲「Tell me, Tell me」について、リスナーからは「私の名前は『てるみ』なので、“大好きな秦さんが私の名前を呼んでる!”と、全身がお祭り騒ぎでした」とのメッセージが。偶然の出来事ですが、秦さんは「想定外だったけど、『てるみ』さんもいるよね。今度から歌う前に(会場に)どれだけ『てるみ』さんがいるかアンケートを取ろうかな(笑)?」と、今後のライブで披露する日を楽しみにしている様子でした。

◆「泣き笑いのエピソード」を弾き語りでお届け

番組後半では、NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の主題歌「泣き笑いのエピソード」を弾き語りライブでお届けするコーナーも。「この曲をラジオの弾き語りでお届けするのは初なので、ちょっと緊張しています」と話しながらも、のびのびとした歌声を披露しました。

<番組概要>
番組名:Monthly Artist File -THE VOICE-
配信日時:毎週日曜 13:00~13:55
パーソナリティ:秦 基博(2月担当・月替わりで変更)
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/maf/