慎太郎(HIROSHI)、マコト(田村健太郎)、ヨシ(桜田通)

馬場ふみかが主演を務めるドラマL『3Bの恋人』(テレビ朝日、毎週土曜26:30~/ABCテレビ、毎週日曜23:25~)の第8話が、テレビ朝日で2月27日、ABCテレビで2月28日に放送される(テレビ朝日は放送時間変更の可能性あり)。

同ドラマの原作は、横山もよの累計900万PVを突破したLINEマンガの話題作「3Bの恋人~付き合ってはいけない職業男子との恋遊戯~」。“3B”とは、美容師、バンドマン、バーテンダーという、女性にはモテるけれど、“彼氏にしてはいけない”男性の3大職業を指す。ドラマでは、オトコを信用できない主人公・小林はる(馬場)と“3B”たちの危険な恋が描かれる。

先週放送された第7話では、“彼氏にしてはいけない”4B目の男性・舞台役者のマコト(田村健太郎)が登場。元カレにそっくりなマコトの登場にはるは困惑するが、「初めて会った時からずっとあなたの事を考えていた」と告白され、LINEのIDを渡されるというストーリーが展開された。

<第8話あらすじ>
「劇場費が払えず、公演が中止になってしまうかも知れない」

舞台役者で劇団を主宰するマコト(田村)からのLINEを見て、家を飛び出していくはる(馬場)。一方、レコード会社に出向いたユウ(神谷健太)は、女性プロデューサーから明日の17時、会長にデビュー曲の候補を聴かせたいと言われ、制作中の曲を仕上げてくることを約束する。

稽古場に到着したはるは、現金が入った封筒をマコトに握らせる。マコトは「公演が終わったら必ず返す」と言い、はるを抱き寄せるが、そんな2人をたまたま通りかかったユウが見てしまい……!

翌朝、メジャーデビューが決まるかも知れないと話すユウを励まし、出かけていくはる。その様子を見た慎太郎(HIROSHI)は嫌な予感がすると心配。職場に着いたはるは、マコトに送ったLINEが既読になっていない事に不安を覚える……。