マツコ・デラックス、星野源

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。2月27日の放送には、音楽家・俳優・文筆家など、様々な分野で活躍する星野源が登場。今月リリースした新曲「創造」のMVが、公開24時間で100万再生を突破。5大ドームツアーで33万人を動員するなど、ファンを魅了し続ける表現者としての星野にマツコが迫る。

意外にも、マツコと星野は今回が初共演。星野が自身のラジオで、『マツコ会議』に触れていたことから番組側がオファーを出し実現。星野はマツコが自分の言葉で「責任を持って視聴者と対峙しているところがすごく格好いい」と話すと、マツコは「星野さんのプライベート的なモノって全く想像できない。ミステリアス!」と星野のイメージを語る。2人が意気投合したのは“孤独感”について互いの本音を語った時。星野はライブで盛り上がった後に帰宅してもなかなか眠れず、ぐるぐる回っている洗濯機をずっと見ながら、もの凄い孤独感にさいなまれる“闇”を吐露。

すると、マツコも「わかる! アタシも洗濯機回ってるをずっと見て、乾燥まで全部見ちゃったもん」と、常に表に出て注目を浴びる表現者2人ならではの“孤独感”に対する共感トークが始まる。

マツコ:孤独を感じる時、どう解消しているの?

星野:解消できないんですよ。こういう時に電話したりする友達がいたらいいなって思うんですけど、いないので……。

マツコ:でも、そういう時に電話しない人だと思う、星野さんって。多分、アタシもそうなんですよ。アタシ追い込む時はもう1人でトコトン追い込むんで。孤独に耐えられる人だから神様はそうさせたのよ。

星野:なんとなくテレビを見ていて、その孤独感を持っているのが、ちょっとおこがましいですけど、なんか似てるなって勝手にマツコさんを見て思ってて……。

マツコ:もう、ちょっとヤダ~!

星野:そこもあって、ずっと話したいなと思っていたし、だからこそ、そういう人が頑張っているのを見ると凄い嬉しくなるんです。

後半は星野とマツコが共鳴した“表現者としての変態性とは?”というテーマで禁断のトーク。最後はマツコが「だんだん本人も許してくれるから言っちゃいますけど……ド変態ですよ! 星野さんは(笑)」と言い放つ程、熱くディープに語り合う。

前回の放送では、「マツコを圧倒した美女SP」と題し、元タカラジェンヌ・初嶺麿代が結婚報告を行った。