中田花奈(元乃木坂46)、コロナ禍でリモートによるタロット占いの日々「当たっていると思います!」
パーソナリティの皆藤愛子と黒猫のクロエ店長がゲストを迎え、爽やかな日曜日の朝に癒しの空間を届けるTOKYO FMの番組「YKK AP presents 皆藤愛子の窓café~窓辺でcafé time~」。

2月23日(火・祝)の放送では、「TOKYO FM ホリデースペシャル YKK AP presents 皆藤愛子の窓café~窓辺でcafé time~」と題し、毎週日曜(10:30~10:55)の“窓カフェ”を生放送で臨時開店! 中田花奈(元乃木坂46)さん、歌手の夏川りみさん、フリーアナウンサーの笠井信輔さんといった多彩なゲストを迎え、お届けしました。

(左から)中田花奈さん、皆藤愛子


◆皆藤愛子流・おうち時間を快適に過ごすコツ

今回は、“ステイホーム~おうち時間の楽しみ方~”をテーマに、トークを展開。また、リスナーからおうち時間で聴きたい“おうちミュージック”のリクエストを募り、およそ3時間半にわたりカフェの看板娘・皆藤とクロエ店長がおもてなし。

皆藤が、おうち時間を快適に過ごすコツとして挙げたのは、「部屋着に凝り出したこと」。以前は、部屋着といえば着古したスウェットばかりだったそうですが、「(部屋着を)上下をふわっと、モコっとしたかわいいものにしたら、おうちで過ごしているときも、ふと自分に触れたときや洗濯も楽しくなりました。干したり、たたんだりするときも幸せな気持ちになるので、よかったなと思います」と部屋着がもたらした変化を振り返ります。

また、おうち時間が増えたことに伴い、おうちミュージックを聴く時間も増えたという皆藤。「特にコロナ禍になってから、いままで聴かなかったようなアーティストだったり、すごくゆったりとした曲だったり、あと学生時代によく聴いていた曲を次々と掘り起こして聴いてみたりするのが、すごく楽しい。つい聴きながら長風呂してしまって、気づいたら2時間ぐらい入っていました(笑)」とエピソードを交え、L'Arc-en-Cielの「Link」をオンエアしました。

◆マルチな才能で乃木坂46卒業後も大活躍

この日、最初のゲストとして迎えた中田花奈さんは、昨年10月に乃木坂46を卒業し、現在はタレント活動のほか、投資家としても注目を集め、麻雀やタロット占いなどマルチな才能を発揮しています。

中田さんは、おうち時間にスイーツを楽しむことが多く、共に味わう「紅茶やコーヒーもすごい数を常備している」と言います。コーヒーは、渋味よりも酸味の強いものが好みだそうで「コーヒーを淹れているときにふわっと漂う香りが、いいおうちにいる気分になれて(笑)。好きなんですよね」と話します。

コロナ禍でおうち時間が増えたことで、友達に頼まれたのをきっかけにリモートでタロット占いをする機会が増えたそうで、その腕前について「リピーターがいるということは、当たっていると思います!」とキッパリ。そもそものきっかけは、タロット占い師に「あなたは占いが向いているので、占い師を目指すのもアリだと思う」と言われ、「その足でタロットカードを買いに行きました」と笑顔をのぞかせます。ちなみに、同世代の女性の友達からは恋愛運の占いをお願いされることが多く、反響は上々だそう。

そんな中田さんのおうちミュージックは、KREVAさんの「タンポポ feat. ZORN」。「日本語ラップが好きで。イケイケな曲を聴いちゃいますね。部屋に大きな鏡があるので、その前でノリノリでダンスを踊りながら(笑)」とプライベートな一面を明かします。

また、昨年12月には日本大学教授の濱本明さんとの共著「『バフェットの投資術』を学んだら、生き方まで変わった話。」(PHP研究所)を発刊。現在26歳の中田さんが投資を始めたのは、21歳のとき。「20歳になる前から、両親がやっているのを見ていたので、投資に触れる機会が多かった」と振り返りつつ、「投資ってけっこう難しいイメージがある方も多いと思いますし、失敗した話を耳にしてあまりいいイメージがない方も多いかもしれませんけど、この本のなかでは、“自分でいろいろ調べることを大事にして”と紹介しています。ちゃんと一から学んだら投資ってすごく安全なものだということを、みなさんに知ってもらいたい」と熱弁。本作を読んだという皆藤も「対話形式ですごく読みやすかった」と太鼓判を押していました。

◆夏川りみ、圧巻の生パフォーマンス!

(左から)夏川りみさん、皆藤愛子


続いてのゲストは、夏川りみさん。2019年にデビュー20周年を迎え、3月3日(水)には“家族”を軸にしたカヴァーアルバム『あかり』のリリース、さらには今作を引っ提げての全国ツアー「夏川りみ Concert Tour 2021 『あかり』」(※3月6日(土)~6月26日(土))の開催を控えています。

そんな夏川さんのおうち時間の楽しみ方は、「中国のドラマ鑑賞」。“中国語を覚えたい”と思い立ったのをきっかけに「中国ドラマを録り溜めて、時間のあるときに一気に観ているんですけど、(中国語は)全然覚えられないです」と苦笑い。

そして、夏川さんにとってのおうちミュージックは、10歳の息子さんが最近よく口ずさんでいるというBTSの「Dynamite」。息子さんの歌から“いまはこういう曲が流行っているんだ!?”と気づかされることもあると言います。

また、この日は夏川さんによる生歌の披露も。2001年の大ヒット曲「涙そうそう」、さらにはカヴァーアルバム『あかり』から「しあわせのランプ」(オリジナルは玉置浩二さんの楽曲)をしっとりと歌い上げると、皆藤は「全身の力がふっと抜けるような素敵な歌声に包まれて、本当に癒されました!」と感激しきりでした。

◆笠井信輔、おうち時間におすすめの映画ベスト3

(左から)笠井信輔さん、皆藤愛子


この日最後のゲストとして登場したのは、笠井アナ。久しぶりの再会に、笠井さんは「今日はこうして(ゲストに)呼んでもらえて、ワクワクして来ましたよ!」と声を弾ませます。皆藤は「めざましテレビ」に出演していたときに、「朝の4時くらいに、(フジテレビの)駐車場で笠井さんと偶然何度かお会いして。すっぴんで、寝起きの状態でした(苦笑)」と懐かしそう。

笠井さんにおうち時間の楽しみ方を尋ねると、「明日の仕事の準備」と回答。「僕、準備しないと、ダメな人なんですよ」と意外な一面をのぞかせます。というのも、笠井さんが「とくダネ!」に出演していた頃は、“一切打ち合わせナシ”で本番に臨んでいたそうで、メインMCをつとめる小倉智昭さんからの突然の振りにも対応できるように「10ぐらい調べておいて、スタジオでは大体1~2を披露する感じだった」と振り返ります。そのときの名残が、現在もクセになっているそう。

お気に入りのアーティストは、山下達郎さん、長渕剛さん、大橋トリオさん、Official髭男dismなどを「ヘビロテしています」と笠井さん。この日、おうちミュージックにセレクトしたのは、Official髭男dismの「FIRE GROUND」。「女性に語りかけるような曲が多いんだけど、この曲は“よくこういう歌詞を考えたな”と。凡庸な性格と特別な性格と、どっちが勝つのかというような闘いなんですよ。才能がある人とない人の、アーティスト同士の闘いを描いているんだけど、とても心が弾む曲」とその魅力を語ります。

また、笠井さんといえば“映画好き”としても知られていて、趣味の域を超え、年間130本以上の新作映画を劇場で鑑賞するほど。そこで、この日は笠井さんに「おうち時間で楽しみたい、いま観てもらいたい映画ベスト3」を挙げてもらうことに。

「おうち時間ってどうしても体が動かせない、大暴れできないということで、映画のなかだけでも(演者に)“大暴れしてもらおうじゃないか”と。今回は超絶技巧の考えられないアクション映画ベスト3を選びました!」と笠井さんがおすすめした3作はコチラ!

<第1位>
「タイラー・レイク -命の奪還-」(クリス・ヘムズワース主演)

<第2位>
「アトミックブロンド」(シャーリーズ・セロン主演)

<第3位>
「トム・ヤム・クン!」(トニー・ジャー主演)

*   *   *

そして、笠井さんは一昨年、血液のがんと言われる「悪性リンパ腫」を患って闘病生活を経験し、昨年に完全寛解し、仕事復帰を果たしました。そして、入院生活をきっかけに、「病室にWi-Fiを!」という活動にも尽力しています。

コロナ禍で誰もお見舞いに来てもらえない孤独な環境下だったそうで、「そんな入院生活のなかで、LINEやメール、YouTubeなどのインターネット環境にとても救われた。それが唯一、人と接触(コミュニケーション)できること」と声を大にします。

しかし、現状は入院患者が病室でフリーWiFiを利用できる病院は3割に満たないと言います。それだけに、「ぜひともみなさんにも拡散していただきたい」と普及を望んでいました。

<番組概要>
番組名:TOKYO FM ホリデースペシャル YKK AP presents 皆藤愛子の窓café~窓辺でcafé time~
放送日時:2021年2月23日(火・祝)11:30~14:55
パーソナリティ:皆藤愛子
ゲスト:中田花奈、夏川りみ、笠井信輔
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/madocafe/special/