SixTONES・松村北斗「森七菜さんは、スタッフさん全員を名前で呼んで…」距離感の近い撮影現場に喜び
TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。2月10日(水)のお客様は、SixTONES・松村北斗さんと映画監督・耶雲哉治(やくも・さいじ)さん。現在公開中の映画「ライアー×ライアー」で初タッグを組んだ2人の“呼び名”について、監督からあるリクエストが。



◆「頑張るだけ頑張ってみます(笑)」(松村)
松村:僕、元々(映画「ライアー×ライアー」の)プロデューサーさんとは以前にも「坂道のアポロン」っていう映画でご一緒して、その繋がりなんですけど。プロデューサーさんは僕のことを“ほっくん”って呼んでますよ。

耶雲:じゃあ……僕も“ほっくん”って呼ぶから、(僕のことを)やっくんって呼んでよ(笑)。

松村:“ほっくんやっくん”ですか(笑)。

耶雲:全然いいです、それで。

松村:えぇ! 僕ね、目上の方をあだ名で呼べたことは、なかなかないんですよね。

耶雲:ほんと?

松村:今もドラマの現場で、直属の先輩である亀梨(和也)さんがいらっしゃるんですけど、ジャニーズと言えば“君づけ”ってあるじゃないですか。でも、今まで直接の絡みがなかったんですよね。今回のドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系)で初めてちゃんとご一緒しているんですけど、なんか距離感が分からなくて。悩んだ結果“亀梨さん”って呼んでるんですよ。砕けられないんですよね。

耶雲:それは、ドラマの現場だからっていうこと? 目上だからってこと?

松村:“目上だから”っていうのが、めちゃめちゃ大きいです。

耶雲:じゃあ、事務所の先輩で“君づけ”している人はいないんだ。

松村:ジャニーズ系のお仕事、例えば、コンサートのバック(ダンサー)について(一緒になった先輩)とかだと“君づけ”で呼んでますけど……やっくんですか?

耶雲:はい(笑)。

松村:じゃあ、やっくんで頑張るだけ頑張ってみます(笑)!

耶雲:なんか……すごい一種のパワハラみたいだけどね(苦笑)。

松村:ハハハ(笑)。

◆「距離感の近い現場でした」(松村)
松村:でも……撮影現場で僕、ずっと“耶雲さん”で通していたので。

耶雲:そうだね。その呼び名も、結構俺のなかでは新鮮で。映画の撮影現場とかでは大体“監督”って呼ばれるんですよ。あんまり名前で呼ばれることがなくて。ほかのカメラマンも照明の人もみんな名前で呼ばれているのに、俺だけが役職の名前で呼ばれて“ちょっと寂しいな”と思ってたところを名前で呼んでくれたから。

松村:でも「ライアー×ライアー」の現場って、結構みんなそうじゃなかったですか?

耶雲:そうかな?

松村:僕は結構、森(七菜)さんとのシーンが多かったけど、森さんも“耶雲さん”って呼んでる。

耶雲:それ、多分松村くん……じゃなくて、ほっくんの影響じゃない?

松村:(笑)。流れを汲んだんですかね? それこそ森さんは、徹底してスタッフさん全員を名前で呼んでいたイメージがありますね。僕もちょっと(スタッフさんの名前が)抜け落ちゃったときに、(森さんに)「ごめん、あの方の名前なんだっけ?」って聞いて。「○○さんだよ」って、教えてくれる瞬間も多かったですし。すごいみんなが名前で呼び合って、スタッフさんとも距離感の近い現場でしたね。

耶雲:そうだね。だから、(名前で呼ばれていたのが)新鮮ですごい嬉しかったの。“監督”って呼ばれるのも“ちょっと寂しいな”って思ってたところだったから。

*   *   *


<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/