いい距離感で人に寄り添い音楽を紡ぐ、TENDREという生き方

音楽、文芸、映画。長年にわたって芸術の分野で表現し続ける者たち。本業も趣味も自分流のスタイルで楽しむ、そんな彼らの「大人のこだわり」にフォーカスしたRolling Stone Japanの連載。多彩な楽器を操り、等身大の歌を紡ぐTENDREこと河原太朗。人の心に寄り添いつつ、真っ白なキャンバスに筆で絵を描くように、温もりのある音楽を生み出していく。そんな彼のバランス感覚に迫った。

Coffee & Cigarettes vol.25 | TENDRE
※2020年12月25日発売 Rolling Stone Japan vol.13に掲載された記事です。

「今年に入ってから引っ越しをしたんですよ。それでしばらくは、家具を集めるのが楽しかったですね。目黒通りにはインテリアショップがたくさん集まっていて、眺めているだけでも楽しいので、時間ができたときにはフラッと遊びに行っていました」

ギターやベース、鍵盤、サックスなどを操るマルチ・プレイヤー、河原太朗。最近、夢中になっていることは何かと彼に尋ねたところ、このような答えが返ってきた。

「もともと好きなのは、80年代のアメリカの家具が持つ色や形。でも、例えばアジア圏で作られた家具なども、組み合わせによっては馴染みが良かったりするんですよ。この間、天板が銅で脚が木のチャイテーブルを買ったんですけど、色あいなど合わせてみたら結構しっくりきて。そうやって軸となる部分を大切にしつつ、様々な要素を組み合わせていくところは、自分にとっては家具選びも音楽制作も同じなのかもしれないですね」


Photo by Mitsuru Nishimura

河原が「TENDRE」名義でデビューを果たしたのは、今から2年前。6曲入りデビューEP『Red Focus』では、ジャズやソウルを立脚点に、ロックやヒップホップなど古今東西の様々な音楽的要素を取り入れたスタイリッシュなポップ・ミュージックを展開していた。そのクロスオーバーな姿勢は、服選びにも表れているようだ。


「基本的に古着を買うことが多いですね。作られた当時はトレンドだったアイテムが、一周回って今またカッコよく見えるとか、その辺も音楽に通じる気がします。着こなしも、ファッション雑誌よりは道を歩いている人や海外の俳優さんなどを参考にすることが多いかも知れない。一時期ジョニー・デップがめちゃくちゃカッコいい着こなしをしていて、そういうのをよくチェックしていました」

映画を観るのが好きな河原は、俳優の着こなしだけでなくその演技表現からも大きなインスピレーションを受けているという。

「時期によってハマる作品の傾向は変わってくるんですけど、好きな俳優で観る映画を決めることが多いですね。例えばジム・キャリーが大好きだった時期は、コメディの要素が入ったヒューマンドラマをよく観ていました。最近は『アントマン』シリーズのポール・ラッドがお気に入りで、彼の出ている映画をひたすら見漁りましたね。作品によって、様々な”顔”を見せる役者さんたちに、パフォーマーとして近いものを感じているのかもしれない」

確かに、TENDREの音楽性やヴィジュアル・イメージはクールでスタイリッシュだが、実際こうして話をするとお茶目でユーモラスな一面もあり、それはライブ中にも時おり顔を覗かせる。そうした意外性、多面性が河原の魅力の一つでもあるのだ。

「クールだと思われがちですが、自分ではめちゃくちゃハッピー野郎だと思っているんですよ(笑)。そこは、ジャズシンガーでもある母親の影響もあると思います。彼女も人を笑わせるのが好きな人で、ステージ上でもよく冗談を言っていたんですけど、いざ歌うとなると凛としたアーティストの佇まいになる。そういう、エンターテイナーとしての振る舞いは母親から学んだところも大きいですね」

河原太朗の本人名義でなく、TENDREというプロジェクト名を掲げたことも、表現活動をする上で大きな意味があったという。

「TENDREとしてのイメージと河原太朗としての実像、そこに垣根はないつもりだけど、自分が何かを発信するときに『TENDRE』と名乗ることによって、加速させられる感情というものは、もしかしたらあるのかも知れない。『TENDRE』というブランドの、カラフルなシャツを着ることもあれば、シックなジャケットを羽織ることもある。そんな感覚でイメージをコントロールしているところはある気がしますね」


Photo by Mitsuru Nishimura

そう言って彼は、キャメル・シガーに火を点けた。タバコは20歳の頃、当時組んでいたバンド仲間の影響で吸い始めたという。音楽制作中、頭をリフレッシュさせたいときの一服は格別だそうだ。

「”口が寂しいから”とひっきりなしに吸うのは、もったいないのであまりしたくなくて。タバコだけじゃなくて食事もそうですね。ただ吸う、ただ食べるのではなく、一つひとつ丁寧に向き合いたい。自分の前にあるタスクは常に一つにしておきたいんですよ(笑)。もちろん人間なので、常日頃それができているわけじゃないけど、基本姿勢としてそうありたいと思っています」


そんな河原の音楽人生にとって最初の転機は、ヒップホップクルーKANDYTOWNと、そのメンバーであるMC/トラックメイカーRyohuとの出会い。Ryohuの作品に共同プロデューサーとして関わってから、現在に至るまでその交流は続いている。

「僕の周りの音楽仲間はみんな、本当に凄い人たちばかりなんですよ。中でもRyohuとAAAMYYYがいたから、自分もTENDRE名義で音楽をやろうと思えたのは間違いないです。バンドを組んで、AAAMYYYに参加してもらってRyohuのワンマンに出演したのが全ての始まりですから」

今年9月にリリースされたTENDREの2ndフルアルバム『LIFE LESS LONELY』には、そんなRyohuとAAAMYYYが揃って参加した。2人のほかKing Gnuのベーシスト新井和輝も客演しているが、基本的にはこれまでと同様、河原による一人多重録音で制作されており、クールでスタイリッシュなサウンド・プロダクションは健在。しかし歌詞を見てみると、”逃げ道は作らず かえる道を行こう 闇夜がいつか明けたら”と歌う「TAKE」や、”今でもそうさ嗚呼 誰も悪くない 取り戻すのさ嗚呼 忘れてたその色”と歌う「LONELY」など、新型コロナウイルスの感染拡大に影響を受けたと思しき言葉が綴られている。

「コロナの影響は大きいです。ステイホーム期間中は一人でいる時間も長かったから、そこから”孤独”をテーマにしようと思いました。孤独をただ悲観的にとらえるのではなく、自分と向き合う時間が増えたと考えることで、本当に大切なものが見えてくる機会になるかもしれないな、と」

とはいえ、ここにきて孤独に耐えられなくなったり、不安に押しつぶされたりして自ら命を立つ人も増えている。全て孤独が原因とは言えないが、孤独を悲観的にとらえないようにするための方法はないだろうか。

「”僕がいるから君は孤独じゃない、寂しくないよ?ではなく、”孤独はあるよね。でも孤独なのは君だけじゃないよ?”と。そしてその思いを共有できたら『LIFE LESS LONELY』(寂しくない人生)になるかも知れない、と言いたかったんです。むやみやたらに”大丈夫”と言うのではなく、家族にも恋人にも、ファンに対しても、お互いの”孤独”を無理なく伝え合えたらいいなって。いい距離感で人に寄り添っていきたい、それがTENDREとしてもベストなあり方なのかなと思っています」

今年32歳を迎えた河原太朗。withコロナ/アフターコロナの世界で彼は、どのような生き方を目指すのだろうか。

「”偏っちゃいけないな”と最近は思っていますね。偏ってしまうと、反対側にあるものを排除するようになってしまう。それは表現でも思想でも同じじゃないかな。そもそも1から100まで合致する人なんているわけがないんだから、考え方が合わなくても”それでいい”と思えることが大事だし、そこから健全なディスカッションが生まれるのだと思います」



「HOPE」では、”神さま ご機嫌ななめ 白黒選ばなきゃ駄目かい”と問いかける河原。一色に染まらず、様々な要素を取り入れながら心地よい場所を見つけようとする彼のバランス感覚は、部屋作りやファッション、音楽、そして生き方にも貫かれているのだ。

「バランサーでありたいとは思っていますね。まずは自分が落ち着ける場所を作ることが大事。それがものを大切にしたり、人を大切にしたりすることにつながっていく気がします」


『LIFE LESS LONELY』TENDRE
RALLYE LABEL / SPACE SHOWER MUSIC
発売中
TENDRE
河原太朗のソロプロジェクト。Charaや堀込泰行、三浦透子らへの楽曲提供・プロデュース、SIRUPや日本でも人気を集めるオランダのSSWベニー・シングスとのコラボレーションなどを行う他、J-WAVE「TOKYO MORNING RADIO」のナビゲーターを務めるなど、その活動は多岐に渡る。
http://tendre-jpn.com/