ネットプロテクションズHD、JCBから約60億円調達 出資比率は10.24%に、後払い決済で事業連携

ネットプロテクションズホールディングス(HD)は2月25日、ジェーシービー(JCB)を引受先とする約60億円の第三者割当増資について合意したと発表した。今回の資金調達により、JCBのネットプロテクションズHDに対する出資比率は10.24%となる。併せて国内外において拡大するBNPL(Buy Now, Pay Later=先に買って後から支払う決済)市場における事業連携を開始する。

ネットプロテクションズHDは、子会社であるネットプロテクションズを通じ、BtoC EC向け後払い決済を軸に2002年よりサービスを展開。2019年度には、同社グループの主力サービスである「NP後払い」の年間流通総額は2900億円、年間ユニークユーザーは1450万人以上、サービス開始以来の累計利用件数は2億件に達するなど、国内のECにおける決済プラットフォームとしての着実な成長を実現してきた。また、BtoB向け後払い決済「NP掛け払い」においては、現在の加盟企業数が約2300社、年間流通総額が590億円、累計取引件数は780万件を超えており、企業の掛け売り業務すべてを代行する決済インフラとして成長させている。

国内外において拡大するBNPL市場のプラットフォーム及びBtoB決済インフラとしての更なる成長実現のため様々な取組みを続けており、さらなる事業推進の強化を図るべく、この度の資本提携を進めることとなったとしている。日本発唯一の国際カードブランドを運営するJCBの豊富な加盟店ネットワーク及び多様な決済ソリューションとそれを支える高度なサービス運営オペレーションと連携することで、「NP後払い」、「NP掛け払い」に加えてBtoC向けカードレス決済「atone」において、さらなるサービス拡大及び品質向上の実現を目指す考えを示した。

ネットプロテクションズHDは、「つぎのアタリマエをつくる」をミッションに掲げ、テクノロジーを活用して新しい信用を創造する「Credit Tech(クレジットテック)」のパイオニア企業として、あらゆる商取引を円滑にしていくことを目指しているとし、この度のJCBとの資本提携により、後払い決済プラットフォームとしてのさらなる強化をおこない、ミッション実現のための成長を目指すとしている。

今回の資本提携実施にあたり、JCBの浜川一郎社長は、「今回、後払い決済市場のパイオニアでありリーディング企業であるネットプロテクションズHD様と資本業務提携することができ、大変嬉しく思います。ポストコロナにおいてEC市場はさらに大きく成長すると思われますが、EC取引の決済手段としてBNPLとカードは優れた補完関係にあり、ネットプロテクションズHD様とJCBが協働しシナジーを実現することで、お客様に喜んでいただける質の高いサービスをお届けしたいと考えております」とコメントした。

ネットプロテクションズHDの柴田紳社長は、「この度、日本発唯一の国際カードブランドを運営するJCB様と資本提携することができ、心より嬉しく思います。クレジットカードと後払い決済という、決済市場における二分野のリーディングカンパニーが提携することによって、大きなシナジー効果があると考えています。BtoC、BtoBそれぞれの領域において、双方の加盟店ネットワークやオペレーションなどを連携することで、両社の発展がさらに加速することに繋がります。それによって、加盟店様及び利用者様にはこれまで以上の利便性を提供できるようになると考えています。当社は『つぎのアタリマエをつくる』をミッションに掲げ、後払い決済の総合プロバイダーとして、これからも事業拡大・成長を続けてまいります」とコメントした。


【第三者割当増資の概要】
発行新株式数:普通株式8737株
発行済株式総数に対する割合:10.24%
調達資金の額:5,963,334,506円