石動(水澤紳吾)がスミレ(江口のりこ)にプロポーズ!?

池脇千鶴主演が主演を務めるオトナの土ドラ『その女、ジルバ』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)の第8話が、2月27日に放送される。

「第23回手塚治虫文化賞マンガ大賞」を受賞した有間しのぶによる話題作が原作。人生を諦めかけていた40歳の笛吹新(池脇)が、超高齢熟女BAR「OLD JACK&ROSE」の扉を開き、どんな時代も明るくポジティブに生きてきた熟女ホステスたちの影響をうけ、前向きに歩み始める物語。

先週放送された第7話では、竹財輝之助演じる白浜峻輔がジルバのことを本に書きたいと明かし、「僕には故郷がないんですよ。ブラジルにいれば『日本人』と言われ、日本にいれば『日本人らしくない』と言われ、自分の根っこが分からない。だから、同じように祖国を失ったジルバさんやガタロウさんのことを書きたいと思ったのかな」と身の上話を。インターネット上では「静かで落ち着いた語り口が素敵」「色気ダダ漏れすぎ……?」などの声が寄せられた。

<第8話あらすじ>
退職届を提出し、バーでの仕事にひときわ気合が入る新(池脇)だったが、元恋人で上司の前園(山崎樹範)は心配顔。「社宅、どうしますか?」。前園の言葉で初めて、会社を辞めたら社宅にはいられないということに気づく始末。もう後には戻れない……改めてその選択の重さに思い至る新だった。

新の住居問題は、マスターの幸吉(品川徹)のある提案により、急転直下思わぬ形で解決することになるのだが……。

一方、同僚のスミレ(江口のりこ)もまた、大きな人生の転機を迎えていた。浮かれモードのスミレを微笑ましく見ていた新だったが、夜になると一転、スミレはどんよりした表情でバーに現れる。石動(水澤紳吾)と連絡が取れないというのだ。まあそれくらいは……とつい思ってしまう新をよそに、生まれて初めての恋に燃えるスミレは気が気ではない。

その後、事態は予想外の展開を迎えることに……。