特撮版グリッドマンが豪華塗装で令和の時代によみがえる!

グッドスマイルカンパニーは、特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』より、「合体超神サンダーグリッドマン」を完成品合体ロボットトイシリーズ『THE合体』の最新作として、2021年2月25日(木)より予約を開始した。

『電光超人グリッドマン』は1993年のTV特撮作品。コンピューターワールドから現実世界を支配しようとする魔王カーンデジファーと、ハイパーエージェント・グリッドマンの戦いを描く。日本のTV作品としてはデジタルな仮想世界をいち早く設定に取り入れた作品であった。
2019年には続編的なアニメ『『SSSS.GRIDMAN』が放送されて人気となった。シリーズ最新作のアニメ『SSSS.DYNAZENON』は2021年4月から放送予定である。

「THE合体 合体超神サンダーグリッドマン - TOKUSATSU EDITION -」は、「THE合体 合体超神サンダーグリッドマン」(通常版)に、劇中プロップさながらの塗装表現を施したアイテム。
高密度なディティールとそれらを際立たせる重厚な塗装表現により、劇中プロップ同様の巨大ロボ感を演出。
通常版ではシールで表現されている箇所も、ゴッドゼノンの胸グラフィックを除き全てフル彩色仕様になっている。

合体時全高約22センチ(頭頂高)。塗装済み完成品。各関節可動。合金パーツ使用。ディスプレイ用台座付属。
ハイエンドメカモデルを生み出す「千値練」との共同開発。

「グリッドマン」とアシストウェポン「サンダージェット」「ツインドリラー」「ゴッドタンク」を劇中さながらのスタイルで立体化。

アシストウェポン3体による「ゴッドゼノン」への電神合体を完全再現。

劇中同様のシークエンスにより、グリッドマンと3種のアシストウェポンによるサンダーグリッドマンへの超神合体も再現している。

「バリアーシールド」「プラズマブレード」も付属。
2つの武器を合体させることで「グリッドマンソード」「サンダーアックス」の両形態を再現可能だ。

「THE合体 合体超神サンダーグリッドマン - TOKUSATSU EDITION -」は4万909円+税、成形色とシールで仕上げられている通常版「THE合体 合体超神サンダーグリッドマン」は2万9091円+税となっている。

>>>「THE合体 合体超神サンダーグリッドマン」の画像を全部見る

(C)円谷プロ