『あしたのジョー』琥珀色に…/限定ラベルスコッチウイスキー発売

2021年3月8日(月)12:00より、『あしたのジョー』ラベルの限定スコッチウイスキーが、ウイスキー専門サイト「WHISKY MEW(ウイスキーミュウ)」にて発売される。

1968年1号の『週刊少年マガジン』で連載が開始され、1970年、1980年、2011年……と、アニメや実写映画になったボクシング作品『あしたのジョー』(原作:高森朝雄 漫画:ちばてつや)。
連載開始から53年もの時が経ったいまも、心に深い感動が残るこの作品、ウイスキーを愛する世代は知らない人がいないと言っても過言ではないだろう。

孤独な不良少年・矢吹丈が、当初は乗り気ではなかったボクシングに、”自らの命を燃え尽くす程の情熱” を見出していく。そんなジョーの姿をのせたシングルモルトが完成した。

同商品は、信頼あるドイツのボトラーズ、「ウイスキー・エージェンシー」のカールステン・エーリッヒが選んだサンプルから、ウイスキー評論家・山岡秀雄が選んだイチオシのモルトを使用している。

ひとつは「アルターベーン1993」。アルターベーンは、ブレンデッドウイスキー・シーバスの原酒で、シングルモルトはオフィシャルのボトルでは発売されたことがないという。ジョーの表情のように穏やかで優しい香り。味わいはスパイシーで甘い麦汁でウッディさを感じられる。
総本数は178本、内容量は700mlで価格は2万7000円+税。

もうひとつは、「シークレットハイランド1985」。34年もの時を経て得た豊かな熟成感。キリンのように首の長い蒸溜器を使う蒸溜所のモルトではないかとのこと。内容量700mlで価格は5万2000円+税。

丹下段平が「ようやったぜ。わしゃもう……もうなんもいうこたあねえ」とジョーの肩に手かけ――。
衝撃のラストシーン。
常に挑み続けたジョーの魂に共感したあの頃を思い出しながら、一杯を愉しんではいかがだろうか。

(C)高森朝雄・ちばてつや/講談社