「ヴィッセル神戸」、ドローンでスタジアムに抗ウイルスのコーディング材を散布 コロナ対策の実証実験

楽天ヴィッセル神戸と楽天は共同で、新型コロナウイルス感染症対策としての「散布型ドローン」を用いた実証実験を、明治安田生命J1リーグ開幕戦を控えるノエビアスタジアム神戸で2月22日、25日に実施したと発表した。

実証実験では、楽天 無人ソリューション事業部企画のもと、散布型ドローンを用いて自己結合性酸化チタン分散液(ナノゾーンソリューション)を散布する「ナノゾーンコートスカイ」を使用した。自己結合性酸化チタン分散液によるコーティングは、抗ウイルス・除ウイルスとして効果があり、新型コロナウイルス感染症対策としても活用されている。「ナノゾーンコートスカイ」を屋外スタジアムで使用するのは日本初だという。


スタジアムでの散布風景

「ヴィッセル神戸」はJリーグの開幕を控え、サポーターが安心安全にスタジアムへ来場できるよう、感染対策の取り組みを強化している。楽天では、これまでも企業や自治体と連携した、ドローン利用の実証実験やサービス提供を通じて実績を重ね、従来は人の手で行われていた作業をドローンで行うことで生産性を向上させてきた。コロナ禍におけるスポーツビジネスへの貢献も含め、今後も幅広いドローン活用を推進していく考えだ。