ルームクリップ、ソーシャルコマース「RoomClip ショッピング」の出品受付開始 今春リリースに向け商品登録機能を先行公開

住まいと暮らしの実例写真共有サービス「RoomClip(ルームクリップ)」を運営するルームクリップは2月24日、今春リリース予定のソーシャルコマース「RoomClip ショッピング」への出品申請受付を開始した。申請を行った住生活関連企業には、商品登録などの一部管理機能を先行公開する。

「RoomClip」は、家具や家電、雑貨などインテリアの写真を投稿、閲覧できる日本最大級のインテリアSNS。今春リリース予定の「RoomClip ショッピング」は、「RoomClip」ユーザーの投稿による膨大な実例写真や、ユーザー同士のつながり、「RoomClip ビジネス」を利用している企業とのコミュニケーションなど、製品・商品軸でのファンコミュニティを形成し、購買までに安心感や納得感を醸成するユーザー体験を提供するというソーシャルコマース。

購入の参考となった実例写真を投稿したユーザーには、貢献度に応じてインセンティブを返す仕組みを用意することで、ブランドや製品・商品のファンが新たなファンを生み出す、「RoomClip」ならではの「ソーシャルコマース」を実現するとしている。

今回、今春のリリースに先駆け出品申請の受付を開始。申請を行った住生活関連企業には、商品登録などの一部管理機能を先行公開され、「RoomClip ショッピング」の正式リリース前に出品準備を行うことができる。

ルームクリップは、「人と人、人と企業が繋がる住生活の新しい産業と文化を築く。」を中期ビジョンとし、そのビジョンに基づく具体的な事業として「RoomClip ショッピング」を今春より展開。初年度流通取引総額100億円の達成を目指すとしている。