あらゆるモノやサービスがつながる未来の実証都市「Woven City」東富士にて着工

トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)と、トヨタグループでソフトウェアを中心とした様々なモビリティの開発を担うウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社(以下、ウーブン・プラネット)は、2月23日(火)11時より、「Woven City」(ウーブン・シティ)の建設を進めていくトヨタ自動車東日本株式会社(以下、TMEJ)東富士工場跡地に隣接する旧車両ヤードにて、地鎮祭を実施した。

地鎮祭には、川勝 平太静岡県知事や髙村 謙二裾野市長など地元関係者を来賓に迎え、トヨタの豊田 章男社長、ウーブン・プラネットのジェームス・カフナーCEO、TMEJの宮内 一公社長などの関係者が出席し、本格的に開始される建設工事の安全を祈願した。

トヨタの豊田社長は、「昨年12月9日。地域の皆様にお支えいただきながら、この地で生産を続けてまいりましたトヨタ自動車東日本の東富士工場が53年の歴史に幕を閉じました。ここで働いてきた人は7千人。この場所に、毎日、1,400万歩の足跡を残したことになります。これまでに生産した車は 752万台。センチュリーからジャパンタクシーまで、多種多様なクルマを世の中に送り出してまいりました。まさに日本のモータリゼーションをけん引し、人々の暮らしを支え、クルマ文化をつくってきた工場だったと思います。東富士工場の DNA。それは、たゆまぬカイゼンの精神であり、自分以外の誰かのために働く「YOU」の視点であり、多様性を受け入れる「ダイバシティ&インクルージョン」の精神です。これらが『人中心の街』、『実証実験の街』、『未完成の街』というウーブン・シティのブレない軸として受け継がれてまいります。「東富士工場の歴史をこの町の未来につなげたい」「地域の皆様から愛され、頼りにされる、この町いちばんの会社になりたい」それが、私たち全員の想いであり、これから先も、決して変わることはございません」と話した。



また、TMEJの宮内社長は、「私どもの東富士工場がこれまで53年間にわたり、地域の皆様に支えられ、この地で生産を続けられましたことに心より御礼申し上げます。この工場で働き、日本の自動車産業の隆盛を支えてきた多くの先輩たちの学びを、私たちは次の時代に引き継いでいかなければなりません。『Woven City』は更地の上でなく、東富士工場の歴史の上にできる。この言葉を胸に今後も最大限の協力をして参りたいと思います」と述べた。

人々の暮らしを支えるあらゆるモノ、サービスが情報でつながっていく時代を見据え、技術やサービスの開発と実証のサイクルを素早く回すことで、新たな価値やビジネスモデルを生み出し続けることを狙いとして、トヨタは2020年1月、米国・ラスベガスで開かれたCES2020で「Woven City」の建設を発表した。

「Woven City」は、ヒト中心の街づくりの実証プロジェクトである。トヨタが自動車会社からモビリティカンパニーへの変革を目指す中、プロジェクトでは自動運転、パーソナルモビリティ、ロボット、人工知能(AI)技術などをはじめとする様々な領域の新技術をリアルな場で実証していく。そして、世界中の様々な企業や研究者の方々と一緒に取り組む機会としていく予定。



「Woven City」では、地上に自動運転モビリティ専用、歩行者専用、歩行者とパーソナルモビリティが共存する3本の道を網の目のように織り込み、地下にはモノの移動用の道を1本つくる。高齢者、子育て世代の家族、発明家の方々を中心に、初めは360人程度、将来的にはトヨタの従業員を含む2,000人以上の住民が暮らし、社会課題の解決に向けた発明がタイムリーに生み出せる環境を目指していく。