堂本光一、長瀬智也

堂本光一(KinKi Kids)が、2月24日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系、毎週水曜23:00~)に3年半ぶりに出演。光一が「今のTOKIOに会いたい!」と直談判し、急きょ出演が決まったという今回は、20年以上の思い出を振り返ったり、今だからいえる思いをぶつけたりと本音トークが展開される。

同番組は、TOKIOメンバーとゲストが、駆け引きを使ってさまざまなオリジナルゲームなどを展開するバラエティ。

TOKIOがゲストの知られざる一面を引き出すため、今まで聞かれた事がないであろう質問をゲストにぶつける企画「生まれてはじめて聞かれました」では、国分太一が「今、話したいTOKIOとの思い出は?」と質問。1997年にTOKIO、KinKi Kids、V6で結成した期間限定ユニット・J-FRIENDSで共に活動していたこともある光一は、「同じ世代を生きてきた仲間だと思っています。すごく落ち着く」と告白。「昔、TOKIOの楽屋によくいたよね」と振られると、「TOKIOが好きなんです」とにっこり。そんな気心の知れた光一がTOKIOとの思い出を振り返っていく。

光一を「光ちゃん」と呼ぶ城島茂との思い出は、15歳の光一が事務所の衣装部屋に住んでいた城島を訪ねたエピソード。光一が「今でもわすれられない」と話す、城島が仕掛けたいたずらが明かされる。一方、城島は「僕の中では光ちゃんが初めての人」と発言し、スタジオがざわつく中、城島は何を語るのか?

そして、松岡昌宏との思い出のテーマは“サプライズ”。光一が松岡の41歳の誕生日会に突然現れ、花束をプレゼントしてくれたという。KinKi Kidsの曲をふたりで歌うなど盛り上がったようだが、松岡にはある不満が……。さらに、松岡は20年以上も光一に聞けずにいたことを尋ねることに。光一から明かされる真実に、松岡ショック!?

また、10代の頃に合宿所で一緒に過ごしたり、今でも互いの家に遊びに行ったりする“親友”長瀬智也がいたからこそ、芸能界で続けられてきたと明かす光一が、改めて感謝の思いを伝える。スタジオが良い雰囲気に包まれる中、光一が困ったという長瀬の“ある癖”について話し始めると、城島らも「わかる!」「俺たちも困った!」と共感。本人は「みんな、そんなもんだよ!」と開き直る、長瀬の癖が強すぎるエピソードは爆笑必至だ。

他にも、J-FRIENDSの意外な関係性や、TOKIOとKinKi Kidsの超貴重な過去映像が公開される。

なお、前回の放送は森七菜と堀田真由が出演。「若い人に嫌われたくない」という松岡が「コレをしたらおじさん、という行動を教えてほしい」と2人にアドバイスを求めたところ、ツッコみどころ満載の「おじさん行動」が発覚。想像だけで踊ったNiziUのダンスにインターネット上では「松岡オジサンのNiziUの解釈ワロタw」「NiziUって二重跳びのこと!? って松岡さん最高wwwww」「まぼのおじさん発言が面白すぎる」といったコメントが寄せられた。