夏帆、石井杏奈、村上虹郎、安達祐実、斎藤工らが出演、Huluオリジナル豪華ドラマが配信開始

夏帆、石井杏奈、村上虹郎、安達祐実、斎藤工らが、出演するHuluオリジナルドラマ『息をひそめて』が4月23日(金)より、Huluで独占配信する。

【写真】夏帆、石井杏奈、村上虹郎、安達祐実、斎藤工ら出演のドラマ『息をひそめて』の場面

さまざまな切り口のオリジナルドラマを次々と生み出しているオンライン動画配信サービスHuluが、令和のエンターテインメント界を担う気鋭のキャスト・スタッフと手を組み、新たなオリジナルドラマ『息をひそめて』(全8話)を4月23日(金)からスタートさせる。

本作で監督・脚本を務めるのは『四月の永い夢』(2017年)でモスクワ国際映画祭の国際映画批評家連盟賞とロシア映画批評連名特別賞をダブル受賞し、その後『わたしは光をにぎっている』『静かな雨』など、国内外で多数の賞を受賞してきた今最も注目を集める若手映画監督・中川龍太郎。

各話に登場する市井の人々を演じるのは、夏帆、村上虹郎、安達祐実、三浦貴大、瀧内公美、光石研、斎藤工ら、日本のドラマ・映画を支える個性豊かな実力派俳優陣。そこに、石井杏奈、蒔田彩珠、萩原利久、長澤樹、横田真悠、小川未祐といった次世代を担う期待の若手も登場する。

本作は8話のオムニバスストーリーで構成され、2020年コロナ禍となった多摩川沿いの街が舞台。夏帆は「生きることに器用になれない登場人物たちのささやかな変化を、柔らかな光と優しい眼差しで切りとった作品です」とコメント。石井杏奈は「まさにこの今の時代の流れを象徴している作品だととても思いました」と語っている。

また、安達祐実は「マッチングアプリで出会う男女のちぐはぐな感じに共感していただける部分があると思います。そして、この変わってしまった世界の中で、人々がどういう風に生きているかを見ていただき、何となく『ああ、そうだよな』って、どこかに心を寄せて共感してもらえたら嬉しいですとコメントしている。


▽各話タイトル
Huluオリジナル「息をひそめて」
【配信】2021年4月23日(金)独占配信スタート!<全8話>
※初回のみ4話同時配信、以降毎週金曜1話ずつ追加

第1話「人も場所も全ては無くなる」  夏帆、斎藤工
第2話「帰りたい場所が、ずっとなかった」  石井杏奈、萩原利久、長澤樹
第3話「君が去って、世界は様変わりした」  村上虹郎、安達祐実、横田真悠
第4話「この町のことが好きじゃなかった」  蒔田彩珠、光石研
第5話「たまに遠く感じる、君のことが」 三浦貴大、瀧内公美
第6話「あなたの速さについていけないことがある」瀧内公美、三浦貴大
第7話「誰のために歌うの?」  小川未祐、斎藤工
第8話「この窓から見える景色が、僕の世界だ」  斎藤工、夏帆