Amazon、物流拠点にスタッフ間の距離を判別する「ディスタンス・アシスタント」配備 コロナ対策強化、他社利用も促進

アマゾンジャパンはこのほど、人工知能(AI)技術でリアルタイムで人と人との距離が確保できているかを表示する「ディスタンス・アシスタント」を日本のフルフィルメントセンター(FC)や配送拠点、デリバリーステーション(DS) に導入した。、現場で働くスタッフが2メートル以上のソーシャルディスタンスを確保できているか、モニターを通して自ら確認するのに役立つ。

「ディスタンス・アシスタント」は既に米国、インド、ヨーロッパのAmazonの施設に導入している。新型コロナウィルス感染症が拡大する中、FCやDSなどたくさんのスタッフが働く現場で、感染症予防対策としてソーシャルディスタンスを確保することが重要となる。この技術は、Amazonで働くスタッフの就業中の健康と安全を確保するための施策となっている。

【ディスタンス・アシスタント」の利用イメージ動画はこちら】

「ディスタンス・アシスタント」は、人工知能、拡張現実、機械学習を活用し、カメラに映る個人の動きを追跡し、周囲の人との物理的な距離を測定する。このスタンドアローン型ユニットは、機械学習モデルを使用して、周囲の環境と人を区別す。深度センサーと組み合わせることで、アルゴリズムが人と人との正確な距離を測定し、モニター上にアラートを表示する。

Amazonは、「ディスタンス・アシスタント」をFCとDSの人が集まりやすいエリアに設置している。カメラの前を人が通ると、モニターにはライブ映像が表示され、他の人が2メートル以内にいるかどうかをモニターの画面に表示されるインジケーター(円)で知らせる。周囲の人と適切な距離を保つよう、働くスタッフに注意を促すように設計しています。相手から2メートル以上離れている場合は緑の円、2メートル以内の場合は黄色の円、さらに距離が近い場合は赤の円で表示される仕組みだ。

アマゾンジャパンのFC事業部 統括本部長の島谷恒平は、「当社は常にスタッフの安全を最優先事項とし、たくさんの安全対策を取り入れてきました。このグローバルなイノベーションを日本で導入できることを嬉しく思います。ソーシャルディスタンスを保つことは行動習慣であり、『ディスタンス・アシスタント』はソーシャルディスタンスの確保の改善、また安全慣行を強化してくれるでしょう。Amazonで働くスタッフがよりたくさんのお客様に笑顔をお届けするため、今後もスタッフの健康を守る取り組みに尽力してまいります」とコメントしている。

Amazonはこの技術を一般公開しており、規模の大小にかかわらず、個人や企業は無料でソフトウェアをダウンロードし「ディスタンス・アシスタント」が作成できる。

「ディスタンス・アシスタント」のソフトウェアダウンロード
https://github.com/amzn/distance-assistant