神谷浩史・斎藤千和が「修行でした」と語る『化物語』ナレーション

Amazonが提供するオーディオブックAudibleは、いつでもどこでもプロの声優によって読み上げられた本を音声で聞くことができるサービス。そのAudibleにこの度、西尾維新の小説『<物語>シリーズ』が登場! アニメ版の同作で、各キャラクターを演じた声優陣が、本の朗読を担当しました。アニメージュプラスでは、『化物語』のナレーションを担当した阿良々木暦役の神谷浩史さん、戦場ヶ原ひたぎ役の斎藤千和さんにインタビューを実施。仕事を引き受けたことを後悔したという修行のようなアフレコの苦労話や『<物語>シリーズ』への想いなどを伺いました。

>>>対談時のお二人を見る

――今回お二人が朗読を担当された、AmazonオーディオブックAudibleですが、その存在は、元々ご存知でしたか?

神谷 知っていました。

――どのようなきっかけで知ったのでしょうか?

神谷 Amazonって最早、物流と言うインフラみたいなものじゃないですか。僕も日々利用させてもらっているので、その中で目にしていました。でも、残念ながら利用したことはなかったですね。

――斎藤さんはご存知でしたか?

斎藤 私は知らなかったです。今回の企画で存在を知って、凄い物を作ったものだと思いました(笑)。

――Audibleで実際にナレーションをすると決まった時は、どんなお気持ちに?

神谷 いや~、後悔しましたね(笑)。コロナ禍で暇だった時にマネージャーから電話が掛かってきて、「こういう案件なんですけど、どうしますか」と聞かれまして。仕事も無くて不安な時期だったので受けちゃったんですけど、絶対大変だよなって、受けた後に後悔しました(笑)。

斎藤 私は、どんなものなのかイメージが沸かなかったんです。今までもキャラクターコメンタリーのようなたくさん喋るお仕事は経験していたので、そんな感じかなと思っていたのですが、それ以上の量で! 驚きました(笑)。

――アニメのアフレコは基本複数名でされますが、今回はお一人でひたすらマイクに向かう感じでの収録だったのでしょうか?

神谷 そうですね。僕も最初はアニメーションのように、セリフはセリフとして各キャラクターで録って、それを最終的に合わせるのかなと思っていたんです。だから、戦場ヶ原さんのセリフは斎藤さんが演じるものだと思っていたんですが、どうやら違うみたいだぞ、全部一人でやるみたいだぞ、と後になって分かり……。というのも、行く(仕事)現場行く現場で会う今回のキャストの人達に、「神谷さんのお陰で、私達も参加しなくちゃいけなくなったんですけど、どうしてくれるんですか?」言われるんです(笑)。

斎藤 私も思っていました(笑)。

神谷 知るかそんなもん! ですよ(笑)。こっちは生きる為にやっとるんじゃ、仕事があるのは有難いんじゃという気持ちでしたが、そう言われてようやく、「そっか、みんな一人で全部やらなきゃいけないんだ。そりゃ大変だ」と気付いたんです。僕も『化物語(上)』を全部一人でやらなきゃいけないんだと……。

――実際にやってみるとやはり大変でしたか?

神谷 いや~、修行みたいでしたよ。いざ一人でスタジオに入れられて、西尾維新の難解な文章を音にする作業を延々やり始めた時に、これは大変だぞと確信しました。修行みたいな時間が延々と過ぎていくという感じで(笑)。

――何日間もずっとスタジオにこもりっきりで?

神谷 その通りです。

斎藤 本当に修行でした……。

――アニメのアフレコとは異なるものでしたか?

斎藤 全くの別物でした! 初めに、キャラクターを演じなくていいと言われたんですよ。「あまりひたぎを意識し過ぎずに読んでもらえればいい」と。でも、普段の私の喋り方とひたぎの喋り方は全然違うので、それだと『化物語』のファンの方は驚かれるかもしれないと思って、どうすればいいですかと(制作の方に)ご相談しました。最終的に「ひたぎが読んでいる」という体にしていったのですが、そこに至るまでも結構時間がかかりましたね。

神谷 多分ですけれど、制作陣も(元々アニメーションでそれぞれのキャラクターを担当していた)我々に全部を一人で読ませるのは困難なことだって薄々感じていると思うんですよね。だから、「お好きに読んでください」という形になる訳で。もちろん全て暦の声でやることも可能なのですが、そうなるとアニメーションの台本のように、ここはセリフ、ここはモノローグ、ここはナレーションと誰かが線引きしてくれないと難しいのです。それに、『化物語』に初めて触れる人でも分かりやすいようにとなると、アニメーションに寄り過ぎない、ある程度フラットな視点で読まなきゃならないかなというのもあり、僕の場合は、あくまで文章を読んでいるのは「暦の声だった人」という感じになりました。

斎藤 そうなんです。キャラクターで全部やるのは難しいところですよね。

神谷 アニメーションでやったことのあるシーンは、やっぱり相当熱が入りますし、近づけたいという想いも出てきますしね。みんなからは、どうしても地の文が暦の声で頭に入ってきてしまうから、それをどうやって自分の声にしなきゃならないかが分からないって言われました。

斎藤 他の人のセリフもそうでしたよ。地の文は暦の声で聞こえてきますし、他のキャラのセリフもそれぞれの声優さんが演じた話し方のテンポやテンション感が頭に入っているから、どうやって自分が表現すればいいのか頭がこんがらがってしまって……。一応アニメの雰囲気は入れたいなと思って、自分のセリフはアニメに寄せたりしているのですが、全体のバランスを考えると、あんまり寄せ過ぎても違和感が出てくるので、そこのバランスが難しかったですね。

――それだけ苦労されたということは、アフレコを途中で止めたりということもあったのでしょうか?

神谷 たくさんありましたよ。しんどくてこの先もう進めないなっていうことがたくさんあって。

斎藤 一生この文章言えないなというのもありました。

――お二人とも本当に修行のようなアフレコをされたんですね。お疲れ様でした。阿良々木暦と戦場ヶ原ひたぎに向き合うのは久しぶりだったかと思うのですが、久しぶりの『化物語』はいかがでした?

神谷 やっぱり『化物語』って面白いなって思いました。音にする作業はしんどかったですが、純粋に文字として文章を追っていくのは楽しかったですね。『物語』シリーズは話が進むにつれ、戦場ヶ原さんは特徴だった長い髪をバッサリ切ったりしてキャラがブレたりしつつ、ほかのキャラクターたちとの関係性も変わっていったりしているのですが、今回『化物語』を読むことで、そうか最初はこうだったよなという原点を振り返ることが出来ました。全部がここに詰まっていたんだなと改めて気付けましたね。

斎藤 基本的には阿良々木君の視点で書かれているので、阿良々木君はこんなこと考えていたんだと思いました(笑)。アニメのアフレコ時は、ひたぎのシーンを追っているので、他のキャラの気持ちまではそんなに深く考えていなかったのですが、阿良々木君含め、他のみんなもこんなこと考えて、こんなこと言っていたんだと改めて知ることが出来ました。

――改めて作品の魅力に触れられたんですね。

斎藤 こんなにたくさんキャラクターがいたんだなとか、色々な視点で見ることが出来ましたね。

――お二人にとって、『化物語』はどんな存在なんでしょうか?

神谷 キャリアにおいては、すごく大きい存在です。神谷浩史と言えば阿良々木君でしょってイメージをもたれている方が少なからずいらっしゃいますし。1年間に何百本もアニメが制作されている中で、自分はこの役をやっていましたというのを胸張って言えて、なおかつそれを認知してもらえる作品に出会えるというのは中々ないですからね。『化物語』に出てからもう10年経ちますが、今も阿良々木暦の声を求めてもらえるというのは、本当に役者冥利に尽きるなと思っています。

斎藤 色々な方に認知していただくきっかけになりましたし、今も年に1、2回、ひたぎに会う? というか演じる機会があるので、すごく身近な存在と言いますか、自分の引き出しの出しやすい場所にいつもいてくれるキャラクターだと思っています。最近は気を抜くとすぐにマダム感が出たひたぎになってしまって注意されるので(笑)、気を付けつつ、これからも長く付き合っていけたらと思っています。

――最後になりますが、どんな方に今作を楽しんでいただきたいでしょうか?

神谷 アニメーションの『物語』シリーズを知っている人・知らない人の両方にアプローチできないと意味がないと思って収録に臨んだので、アニメーションを意識し過ぎないように、でも、ある程度意識もしてということを心掛けました。なので、アニメーションを観たことのある方はもちろん、ない方にも楽しんでいただければ嬉しいですね。

斎藤 私は、優しい人に楽しんでほしいですかね。粗を探さない人に見てもらえたら(笑)。

――粗ですか?

斎藤 アニメの『化物語』が大好きな方からすると、こんな読み方するの? と違和感を覚える箇所もあるのかなと思うんです。アニメでひたぎを演じた時は、私の方で語尾を少しアレンジしていたのですが、今回は一言一句変えずに原作をそのまま読んでいるので、アニメファンからすると、少し違うと感じるのかなと思いまして……。でも、アニメはアニメ、AudibleはAudibleという感じで、違いを楽しんでいただけたら嬉しいなと思います。それに、アニメでは文字情報だけだった言葉遊びの部分もAudibleでは全て音声化されているので、どんな風に音になっているかアニメと較べてもらうのも新しい気持ちで作品に触れるきっかけになるかなと思います。是非、たくさんの方に楽しんでほしいです。

神谷さんと斎藤さんが苦しみながらも読み上げた『化物語』は、現在AmazonオーディオブックAudibleにて配信中。通学・通勤中はもちろん、家事や育児の合間など隙間時間にながらで楽しむことのできる「聞く読書」。プロのナレーションで新しい世界を楽しんでみては?