SixTONES髙地優吾「この曲聴くとダメなんだよ。泣いちゃう」田中 樹も頷く“特別な思い入れがある”楽曲とは?
TOKYO FMの新音声サービス「AuDee(オーディー)」にて配信中のコンテンツ「Monthly Artist File -THE VOICE-」。1ヵ月ごとに担当アーティストが替わり、楽曲の制作秘話や番組でしか聴けない特別なエピソードを語ります。1月は6人組男性アイドルグループSixTONES(ストーンズ)が担当。1月17日(日)の放送では、メンバーの髙地優吾と田中 樹が登場しました。
※この回の放送はAuDeeではご試聴いただくことができません。


「Monthly Artist File -THE VOICE-」


◆「うやむや」の情報がうやむや……

アルバム『1ST』を購入後、真っ先に「うやむや」を聴いたというリスナーから、「発売されるまで楽曲情報の詳細を明かさず、うやむやにしていたのは何故ですか?」というメッセージが寄せられました。

田中:この曲のことをうやむやにしようと思ったのは、もちろんタイトルが理由っていうのもあるけど、アルバムっていっぱい曲が収録されているからなんですよね。全貌を明かしてしまうよりは、1つぐらい焦らすような曲があったほうがいいかなと思ったんです。

髙地:そうだね。

田中:そうすることで、アルバムが届くのがすごく楽しみになるしね。

「うやむや」はSixTONESにとって新たな挑戦が詰め込まれた楽曲でもありました。そのため、田中は「シンプルに楽曲を楽しんでもらいたい気持ちが第一にあった」とコメントをしました。

◆「New World」は思い入れが強い楽曲

高校受験を控えているリスナーからは、「New World」を聴いて勉強の励みにしているというメッセージが届きました。

田中:デビュー曲「Imitation Rain」のカップリング曲ですね。

髙地:俺らもライブでやるとき、元気が出るよね。

田中:お客さんと一緒にってことを意識するよね。

髙地:俺ね、この曲聴くとダメなんだよ。泣いちゃう。

田中:俺もそう!

2人にとって「New World」は、特別な思い入れがある楽曲だと語ります。

髙地:この曲は何回歌っても目頭が熱くなる。

田中:歌詞なんかもね、聴く人にめちゃくちゃリンクするのよ。

髙地:俺、樹のRAPのパートに歌うじゃん。あの時点でけっこう来ちゃってる。いつも歌うときにさ、心拍数が上がってくるんだよね。

田中:背中を押すっていうよりは、背中をさすっているような、寄り添う曲。「近くにいるよ」ってイメージだよね、聴いていると。

髙地:SixTONESのことを歌っているようでもあるけど、応援ソングにもなっているんですね。

田中:俺らが歌っている曲が誰かを勇気付けているのって、嬉しいことですね。

◆新曲「僕が僕じゃないみたいだ」をリリース

SixTONESはニューシングル「僕が僕じゃないみたいだ」を2月17日(水)にリリース。松村北斗と森 七菜がW主演の映画「ライアー×ライアー」の主題歌として起用されています。

髙地:アルバムからのギャップがいいよね。「音楽の振れ幅すごくね!?」って思われるよね。

2人はCDジャケットやMVにも触れ、新たな一面を見せたSixTONESの魅力を語りあっていきます。田中は楽曲について「音楽的にもビジュアル的にも、今までの僕たちとは違ったアプローチになっている曲」とコメントしました。

<番組概要>
番組名:Monthly Artist File -THE VOICE-
放送日時:日曜 13:00~13:55
配信日時:日曜 13:00配信
パーソナリティ:SixTONES(1月担当・月替わりで変更)
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/maf/