SixTONES髙地優吾「“当たり前じゃん。ナメんな”って言われた(笑)」 楽曲「EXTRA VIP」で見せた田中 樹のラップに言及
TOKYO FMの新音声サービス「AuDee(オーディー)」にて配信中のコンテンツ「Monthly Artist File -THE VOICE-」。1ヵ月ごとに担当アーティストが替わり、楽曲の制作秘話や番組でしか聴けない特別なエピソードに触れていきます。1月は6人組男性アイドルグループSixTONES(ストーンズ)が担当。1月10日(日)の放送では、メンバーの髙地優吾と京本大我が登場しました。
※この回の放送はAuDeeではご試聴いただくことができません。


「Monthly Artist File -THE VOICE-」


◆『1ST』の「初回盤B:音色盤」の魅力をピックアップ

1月6日(水)、SixTONESは初のフルアルバム『1ST』をリリース。通常版に加えて、「初回盤A:原石盤」と「初回盤B:音色盤」が発売されています。今回の放送では、メンバー2名ずつのユニット曲が3曲収録された音色盤を取り上げました。

髙地:誰とやってもよかったけど、バランスのいい組み合わせだったと思います。

京本:(SixTONESというものが)わかりやすいよね。最初にこの組み合わせでやっておくと。

京本と松村北斗のユニットは、楽曲「ってあなた」を制作。京本は松村との打ち合わせについて振り返り、最後のサビの転調は京本の提案だったことを明かします。

髙地:MVを観て欲しいです。デビュー2年目とは思えないぐらい大人な演出なんですよね。「30代になったらどんなMVを撮るの!?」っていうぐらい、すごいMVを撮ったよね。

京本:本当に。攻めていますよね。

髙地と森本慎太郎のユニットが制作した「My Hometown」では、共通の地元である横浜を舞台に、2人がチル系サーフロックを歌います。

京本:めちゃくちゃいいっすよね。2人の声質がすごく合ってる。

髙地:よかった。

京本:慎太郎って陽気じゃない? 髙地もピースフルな感じで、サウンドと合っている。

続けて京本は、MVの魅力についても触れました。

京本:2人が素で楽しんでいるところが詰まっているんだよね。

監督とカメラマンも横浜出身だったそうで、「地元のチームで撮ったみたい」と髙地はコメントしました。

続けて2人は、田中 樹とジェシーのユニット楽曲「EXTRA VIP」を紹介。

京本:ジェシーのボーカルスキルと田中のRAPスキルが激しくぶつかり合うWILD系HIPHOPってことなんですけども。正直、この組み合わせなら、こういう曲調になるんだろうなって予想はしてた。

髙地:わかるわかる。

京本:その期待のハードルを、超えていったよね。出だしから、樹のRAPが違う。

髙地:樹に「歌い方変えたの?」って聞いたら「当たり前じゃん。ナメんな」って言われましたね(笑)。

京本:SixTONESのなかでは、この2人にしか歌えない曲だと思う。

2人は改めて、アルバム『1ST』の魅力について言及していきました。

髙地:自分たちの好きな楽曲を詰め込んだアルバムになっています。

京本:どの楽曲も、いい意味でジャンルレスですね。SixTONESらしく、バラエティに富んだ1枚となっております。

<番組概要>
番組名:Monthly Artist File -THE VOICE-
放送日時:日曜 13:00~13:55
配信日時:日曜 13:00配信
パーソナリティ:SixTONES(1月担当・月替わりで変更)
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/maf/