“元バイトAKB”プロレスラー上谷沙弥「ずっとアイドルになりたかった私がリングを選んだ理由」

女子プロレス・スターダムの10周年記念大会が、3月3日(水)に日本武道館で開催される。そこで、赤いベルトを持つ“ビッグダディの娘”林下詩美に挑戦を表明したレスラー上谷沙弥。幼少の頃からアイドルに憧れ、元バイトAKBという異例の肩書をもつ彼女が、なぜレスラーになったのか。そして、キャリア1年半でなぜベルトに挑戦したのか、話を聞いた。(前後編の前編)

【写真】持ち前の身体能力を活かしてリングで華麗な空中殺法を魅せる上谷沙弥【12点】

3月3日、日本武道館でスターダムの10周年記念大会が開催される。女子プロレスが武道館に進出するのは、じつに24年ぶりのこと。つまり「令和初」にして「21世紀初」のメモリアルな1日となる。

その大会で「ビッグダディの娘」林下詩美がワールド・オブ・スターダム王座の防衛戦をおこなうのだが、チャレンジャーの上谷沙弥もまた異色の経歴の持ち主なのである。

上谷沙弥は元『バイトAKB』のメンバーだったのだ。

バイトAKBとは2014年9月から2015年2月まで、アルバイト求人サイトとのコラボ企画で展開されたもので、AKB48の正規メンバーではないが、この期間だけ時給1000円のバイト扱いではあるがAKB48の一員として活動できる、という企画。じっさい、AKB48 の人気メンバーと一緒にCM出演したり、AKB48のイベントでは前座としてパフォーマンスを披露したり、と結構、華やかな活動を繰り広げてきた。



「私は小さいころからダンスをやってきて、ラスベガスでの世界大会にも出場しているんです。そしてEXILEさんのバックダンサーとして東京ドームやさいたまスーパーアリーナのステージにも立たせていただいたんですが、やっぱりバックダンサーをやっていると『もっと前にに出たい!』という気持ちになってくるんですよね。ちょうどAKB48の人気がものすごい時期だったのでアイドルの道を目指しました」
 
13,246人もの応募者の中から見事、合格した上谷沙弥は「バイト」とはいえ、アイドルとして大きなステップを踏む。そのダンスのスキルが認められたのか、チームAの劇場公演ではバックダンサーに抜擢され、AKB48劇場のステージも踏んだ。選ばれし者しか立てない舞台にしっかりと足跡を残す、というバイトの枠を超えた貴重すぎる経験だ。
 
ちなみにこのときの「同期」には現在、HKT48の主要メンバーとして活躍する松岡はながいる。彼女は当時、48グループが開催していたドラフト会議においてHKT48から1位指名され、その後、シングル曲のセンターも複数回、務めている。

「私のこと、覚えてくれていますかね(苦笑)。当時はよくしゃべったりしていたんですけど、本当に遠い存在になってしまって……私がプロレスで実績を残すことができたら、またいつか一緒にお仕事をしてみたいですね。エンタメさんで対談を組んでください(笑)」
 
同じバイトAKBを起点として、そこからHKT48のセンターまで登りつめた者と、大きく回り道をしてしまったものの、まったく別のルートから日本武道館の「主役」となった者。たしかにこのドラマはなかなか興味深いものがある。
 


ちなみにバイトAKBは2015年2月28日をもって、全員が契約期間を満了。ちょうど新潟でNGT48がスタートするタイミングと重なったので、何人かのメンバーがNGT48に加入している。じつは上谷沙弥もNGT48のオーディションを受けているのだが、残念ながら最終審査で落選。ここから長くて暗いトンネルに突入することとなる。

「たくさんオーディションを受けては、全部、落選。なかなか結果が出ず、もうズタボロ状態でした。太田プロのワークショップオーディションに受かって、所属できることになり、演技レッスンとかに通っていたんですけど、やっぱりアイドルの夢はあきらめきれなくて、自分でも動きつづけていたんです」
 
そんなある日、目に留まったのがアイドルとプロレスを融合させた企画のオーディション。正直、プロレスにはまったく興味がなかったが、アイドルへの道につながっているのなら、と参加することになった。

上谷は『アイドルをやるために来ました。プロレスはやりません!』と最初から言い続けてきた、というが、168センチという恵まれた体躯、ダンスで磨きあげられた運動神経、そして学生時代にやってきた器械体操で育まれてきた柔軟性……それらをすべて足したら、本人が気づいていないだけで、誰がどう見ても「プロレスラー向き」だった。そして、すぐさまリングの上で彼女の才能は開花する。

「いろんな意味で『強くなりたい』という気持ちが芽生えてきました。そんなにメンタルも強いほうではないし、プロレスをやることで強くなれるのなら、挑戦してみたいなって」

この時点でバイトAKB終了から、もう4年近い月日が経過していた。突然、振ってわいたようなラストチャンス。約半年間の練習生期間を経て上谷沙弥は2019年7月、プロテストに合格。8月にデビューすると、年末に開催された新人王決定トーナメントで優勝し「未来のスターダム」と称されるようになった。

(後編へつづく)

【後編】“元バイトAKB”女子レスラー上谷沙弥が“ビッグダディの娘”林下詩美に挑む「もう負けたくない!」