西野亮廣 クラウドファンディングを始めた当時を振り返る「『詐欺かなんかや』みたいな(笑)」

西野亮廣さん



脳科学者の茂木健一郎がパーソナリティをつとめ、日本や世界を舞台に活躍しているゲストの“挑戦”に迫るTOKYO FMの番組「Dream HEART」(毎週土曜 22:00~22:30)。2月13日(土)、20日(土)は、2週にわたってお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さんがゲスト出演。13日(土)放送は、33名のクリエイターによる分業制で作られた絵本「えんとつ町のプペル」の制作秘話と、予算を集めるために募ったクラウドファンディングを始めた当時を振り返りました。

*  

1980年に兵庫県に生まれた西野さん。1999年に梶原雄太さんと、漫才コンビ・キングコングを結成します。西野さんの活動はお笑いだけにとどまらず、絵本執筆やソロトークライブ、舞台の脚本執筆を手がけ、海外でも個展やライブを開催しています。2015年には、東京・渋谷の“ハロウィン翌日のゴミ問題”の娯楽化を提案。区長や企業、500人ほどの一般人を巻き込む異例の課題解決法が評価され、広告賞を受賞。ほかにも「街づくり企画」「世界一楽しい学校作り」など未来を見据えたエンタメを生み出して注目を集めています。そして2016年に絵本「えんとつ町のプペル」を発表。累計発行部数69万部(※2021年2月現在)の大ヒットとなり、2020年12月には映画化もされて話題を集めています。

西野亮廣さん、茂木健一郎



◆33名のクリエイターによる分業制で作った絵本

茂木:絵本「えんとつ町のプペル」は、総勢33名のクリエイターが集まっているそうですね。

西野:そうです、分業制でやってます。

茂木:もともと西野さんの原画もすごく密度が強いですよね。あれはペンで描いているんですか? ものすごく描き込んでいますよね。

西野:0.3ミリのボールペンで描いています。

茂木:そこにクリエイターが?

西野:そうですね。僕はボールペンでしか描けないんですよ。色塗るのが得意じゃなくて。でも、自分の頭のなかにある“えんとつ町”には、やっぱり色がついているんです。作家性を出すことに重きを置いたときに、これは1人でやるほうが作家性が出るのか、それとも……といろいろ考えました。

“僕がおもしろいと思っているものが、キャンバスにバンって出るほうがいいよな”って考えたときに、分業制のほうがいいと思って。色を塗ることが得意な人が、僕の代わりに塗ってくれたほうがいいなと思ったんです。そっちのほうが、“えんとつ町”がちゃんと出るので。そんな感じで、映画のように分業制で絵本を作りました。そのときも、すごく批判されました。

茂木:絵本を映画のように作ったと。

西野:そうです。だから予算を集めるところから始めなければいけなかったんです。要するに、33人分のギャランティを用意しないと作れないので。

茂木:それがクラウドファンディングですよね。当時、クラウドファンディングがあったんですね。

西野:あったんですけど、やっぱり批判がすごかったですね。日本中がクラウドファンディングをまだ知らなかったので、「詐欺かなんかや」みたいな(笑)。ざっくり一行で説明すると、「クラウドファンディングで予算を集めて、クラウドソーシングでスタッフを集めて作る」ということだったので、当時(の世間の反応は)は「何を言ってるの?」という感じでした。

茂木:当時は、そういう概念がなかったんですね。

西野:全然理解されなかったです(笑)。



映画「えんとつ町のプペル」は、全国で絶賛公開中です。詳しい情報は、作品の公式Webサイトをご確認ください。

次回2月20日(土)の放送も、引き続き西野さんをお迎えしてお送りします。お楽しみに!

<番組概要>
番組名:Dream HEART
放送エリア:TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局ネット
放送日時:毎週土曜22:00~22:30
パーソナリティ:茂木健一郎
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/dreamheart/