2021年に予定されている東京パラリンピックは、同一都市として初めて2回目の開催を迎える。

1度目の開催は1964年。
以前から障がい者のための国際大会は行われていたが、「パラリンピック」という名称が初めて使われたのがこの57年前の大会である。オリンピックの後、5日間にわたってアーチェリーや卓球など9競技が実施され、21ヵ国から378人が集った。日本選手も53人が出場を果たしている。

大分県・別府市に新設された「太陽ミュージアム」には、1964年に東京で開催された第2回パラリンピックの歴史に触れられる展示やパラスポーツを体験できるコーナーがある

障がい者スポーツの発展に尽力した中村裕の功績

その東京パラリンピック開催の立役者となったのが、日本の“障がい者スポーツの父”と呼ばれる故・中村裕(なかむら ゆたか)氏。強い信念の持ち主として知られ、1961年に大分で日本初の身体障害者体育大会開催を実現させた。翌年にはパラリンピックの前身であるストーク・マンデビル大会への日本選手派遣を実現させたことで、国内の障がい者スポーツへの認識を広げるきっかけをつくり、1964年の東京パラリンピック開催を提唱した人物だ。準備にも奔走した東京パラリンピックでは、日本選手団の団長を務めている。

太陽ミュージアムでは、パラスポーツの用具に触れられるほか、障がい者の生活や仕事をサポートする道具を使ってみることができます。パラリンピックムーブメントを通して『太陽の家』を知ったという方も、スポーツだけではない『太陽の家』の共生社会に向けた活動をぜひ感じにいらしてください!(※)

<太陽ミュージアム>

所在地 大分県別府市大字内竈1393-2 電話番号 0977-66-0277 開館時間 10:00~16:00 休館日(※) 日曜日(年末年始、夏季休暇、そのほか指定日あり) 入館料金  小学生以下無料 中高生100円 大学生・専門学生以上300円 ホームページ  http://www.taiyonoie.or.jp/museum/

※お出かけの際はホームページで、受け入れ状況を事前にご確認ください。(2021年2月17日現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響で新規見学受け入れは一時休止中です)

text by Asuka Senaga
key visual by X-1