「Win」+「PrintScreen」、全画面キャプチャと同時に保存

とりあえずスクリーンショットを残したい、あるいは連続してデスクトップ全体を撮りたい場合は「Win」+「PrintScreen」キーが便利です。デスクトップ全体をキャプチャして、「ピクチャ」フォルダ内の「スクリーンショット」フォルダにPNG形式の画像ファイルとして自動的に保存します。

  • 「Win」+「PrintScreen」キー
  • 「Win」+「PrintScreen」キーを押した直後のデスクトップ画面

    【1】「Win」+「PrintScreen」キーを押すと一瞬画面が暗くなり、デスクトップ全体のスクリーンショット撮影と保存が行われます

  • 「ピクチャ」フォルダ内の「スクリーンショット」フォルダの様子

    【2】「ピクチャ」フォルダ内の「スクリーンショット」フォルダにPNG形式の画像ファイルとして保存されます

「Win」+「Alt」+「PrintScreen」、選択したウィンドウを撮影・保存

特定のウィンドウをキャプチャすると同時に保存したい場合は、「Win」+「Alt」+「PrintScreen」キーの同時押しが便利です。アクティブな(最前面の)アプリやフォルダウィンドウのスクリーンショットが、「ビデオ」フォルダ内の「キャプチャ」フォルダにPNG形式の画像ファイルとして保存されます。

  • 「Win」+「Alt」+「PrintScreen」キー
  • 「スクリーンショットが保存されました」の表示

    【1】「Win」+「Alt」+「PrintScreen」キーを押すと、最前面のウィンドウのスクリーンショットを撮影、保存します。このショートカット操作を実行すると画面右に「スクリーンショットが保存されました」と表示されます

  • 「ビデオ」フォルダ内の「キャプチャ」フォルダの様子

    【2】「ビデオ」フォルダ内の「キャプチャ」フォルダにPNG形式の画像ファイルとして保存されます

OneDriveにキャプチャ画像を自動保存することも可能

Microsoftが提供しているクラウドストレージ「OneDrive」を利用している場合、スクリーンショットをOneDriveに自動で保存することも可能です。「PrintScreen」キーや「Alt」+「PrintScreen」キーによるスクリーンショットがクリップボードではなく、OneDrive内にPNG形式の画像ファイルとして保存されるようになります。

クラウド上に保存されるので、インターネットに接続されている別のPCやスマートフォンからも保存した画像にアクセスできるのが強みです。

  • OneDriveアイコンの右クリックメニュー

    【1】タスクトレイの①OneDriveアイコンを右クリックして、メニューから②「設定」をクリックします

  • OneDriveの設定ウィンドウの「バックアップ」タブ

    【2】①「バックアップ」タブをクリックし、スクリーンショットの欄にある②「作成したスクリーンショットをOneDriveに自動的に保存する」にチェックを入れて、③「OK」ボタンをクリックします

  • 「OneDrive」→「画像」→「スクリーンショット」フォルダ内の様子

    【3】「OneDrive」→「画像」→「スクリーンショット」フォルダに「PrintScreen」キーや「Alt」+「PrintScreen」キーによるスクリーンショットが保存されます