頭脳警察 PANTA×A-10対談「大好きなアニメ・ゲーム・マンガを語ろう」

結成50周年を迎え、今なお精力的に活動する伝説のロックバンド「頭脳警察」。魔導書が生み出す「書の魔獣」を操る少女魔導士たちの活躍を描く新本格ダークファンタジーコミック『赫(あか)のグリモア』は、その楽曲に強い影響を受けて生まれた作品なのだという。

ドキュメント映画『zk/頭脳警察50 未来への鼓動』のDVD発売、並びに『グリモア』5巻(完結)発売を記念して、頭脳警察・PANTAさんと『グリモア』の原作者・A-10(エーテン)さんの対談が実現、ディープなクロストークを全2回でお届けしよう。

――PANTAさん、アニメやゲームがかなりお好きなんですよね。

PANTA(以下P) そうなんですよ。それこそマンガなら子どもの頃、雑誌の「少年」に連載されていた『鉄腕アトム』『鉄人28号』、「週刊少年サンデー」の『サブマリン707』なんかに夢中になったし、アニメだと『機動戦士ガンダム』は最初のテレビシリーズから観ていた。

A-10(以下A) ええっ、本当ですか?

P うん。でも特にビックリしたのは『新世紀エヴァンゲリオン』だな。観始めたのは(テレビ放送の)割と初めの頃でしたよ、まだ絵がちゃんとしていたから(笑)。自宅の二階にスタッフが住んでいたんだけど、ある日彼がダダダと階段を下りてきて「大変です! 今すぐテレビを点けて下さい。セフィロトの樹が映っています!」「え~!」って大騒ぎになってね(一同笑)。

※セフィロトの樹=旧約聖書創世記に記された「生命の樹」から発展した、ユダヤ教のカバラ思想における世界の概念

A そこが入り口でしたか!

P 頭脳警察で「セフィロトの樹」という曲を出した時は「こんなもの誰も知らないだろうな」と自己満足で書いていたんだけど、それがテレビ画面にバーッと映って。あとで「死海文書」とかも出て来たし、いやー驚いた! キャラの名前が全部軍艦から来てたのも面白かったね。俺、駆逐艦マニアだから(笑)。ストーリーの謎ときにもずいぶん振り回されましたよ。

A ああ、「セフィロトの樹」が入っている「歓喜の歌」は本当に大好きなアルバムで、全曲ソラで歌えます(笑)。セフィロトの樹と言えば、94年に発売された「真・女神転生Ⅱ」というスーパーファミコン用ソフトのフィールドマップにセフィロトの樹が使われているんですが、ご存じですか。

P ああ、そうなの!

A 先に頭脳警察の曲とそのゲームを楽しんでいたせいで、その後に放送された『エヴァ』テレビ版を観て「うん、良い目の付け所だけど、ちょっと遅いね」って思ってしまったという(笑)。

P ハハハハ、庵野(秀明)さんもああいうの、好きなんだろうね。



――では、PANTAさんの一番好きなアニメは何ですか?

P やっぱり一番キタのは『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』かな。サイボーグの義体に憑依した ”人形使い” に対して「単なる自己保存のプログラムにすぎん」と詰め寄った時「それを言うならあなたたちのDNAもまた自己保存のプログラムにすぎない」と返された言葉がショックでした。骨とか臓器までが人口のものに代えられる状況の中、人と機械の境はどこにあるのか、というテーマが自分の中にできたんですね。

自分のタイミングでほぼ同時に観ていた『エヴァンゲリオン』旧劇場版のラストで「ここにいてもいいの?」と訊くシンジにアスカが「気持ち悪い」って言って終わるラストと、この作品での新しい義体を与えられた素子がバトーに「ここにいてもいいんだぞ」と言われても「ネットは広大だわ」と返すラストが見事に好対照でしたし、あれは自分の中で大きかったですね。A-10さんもアニメはずいぶん観ていますよね?

A それなりに観てはいますけれど、新作は追い切れていない感じですね。話題の『鬼滅の刃』も数話しか観れていませんし……。

P 『鬼滅』ね! まだ観てないけど、いつか観なきゃいけないんだろうなァ。

A 『鬼滅』のヒット前から(原作者の)吾峠呼世晴さんの読み切り作品を雑誌から切り抜くほど惚れ込んでいたんです。「週刊少年ジャンプ」という媒体で考えると驚くくらい丁寧な作劇をされているのがもう羨ましくて。今の雑誌連載はスピード感が求められるので、主人公の成長劇に大きくページを割くのは難しいんですよ。でも、『鬼滅』は手を抜かずにそこをしっかりやっている。だからこそ、読者は炭治郎に強く共感できるんだと思うんですね。

P ということは『鬼滅』はおススメ?

A おススメします! ゲームはどこからハマったんですか。

P 『ドラゴンクエスト2』かな。女の子に教えてもらって、そこから入ったんですね。後で遡って前作もやったし、全部遊んでますよ。個人的には『大戦略』みたいなゲームが好きで、シューティングはあまり得意じゃないんです。例えば『Carnage Heart(カルネージハート)』シリーズはハマったなァ。

A ああっ! それ、自分でロボットをプログラミングするゲームですよね。

P そう、要するにロボコンみたいなゲームなんだけど。3日くらい徹夜してやって、スタッフに「顔が青いですよ!」って驚かれた(笑)。早く新作出ないかな~と思ってるんだけど。

A 開発元のアートディンクさんはPC-9801時代に「地球防衛軍」という知る人ぞ知るタイトルを出していて、これも異星人から地球を守る戦闘機をプログラミングするゲームなんですよ。

P そうなんだ! あのプログラミングがもう楽しくてね。A-10さんはゲームに詳しいらしいけど、例えば漫画で描いているような内容のゲームを作ったりしたことはある?

A 前にゲームソフト会社に勤めていたことはありました。でも、自分が好きな……例えばゾンビ映画みたいなハードな世界観はあまり仕事で取り入れることができなくて。

P みんなゾンビは好きだよね。俺も『バイオハザード』は全部やってるし。前に「3」をノーセーブでやるのにハマってね、これがもうスリル満点(笑)。

A ハハハハ、それは確かにしんどいですね。

P もしシリーズの新作がVRで出たらどうしよう、と心配していてね。まず部屋を片付けなきゃいけないし、バイブだけでドキドキしているのに、どうなっちゃうんだろうって。

A 確か『Fallout』シリーズがお好きなんですよね? VR版も楽しいので是非(『Fallout4 VR』)。

P ええっ、VR版あるの? イヤなこと教えてもらっちゃったな……(一同笑)。

――VR導入のいいきっかけになりそうじゃないですか。

P バカ言っちゃいけないよ、心臓止まったら責任取ってもらうよ?(笑)



――では、PANTAさんの中で最近アツいゲームって何ですか。

P  最近はずっと『Fallout』をやってますねぇ、あと『メダル・オブ・オナー』か。でもあれ、近代戦になると難しいんだよね……あと気になるのはドイツ軍とか日本軍のバージョンがないところ。全部アメリカ軍視点でしょう。まあいろいろ引っ掛かるところがあるとは思うんですが。

A そのラインに親和性があるお勧めタイトルで『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』というのがあるんですが。

P え、それは知らない!

A 仮想の80年代冷戦時代を舞台にしたシリーズの最新作なんですが、最後に西側諸国につくかソ連側につくか、結末を選べるんですよ。

P それはいい! フィクションの中の話なんだからそういう遊びがあってもいいよね。

A 僕は76年生まれで、記憶が曖昧なせいもあるかもしれませんが、80年代に対して凄い憧れがあるんですね。

P へえ、それはどういう部分が?

A 80年代のアニメや漫画って、ある時期とてつもない進化を遂げるじゃないですか。例えば『超時空要塞マクロス』とか『AKIRA』とか……。

P うん、『機動警察パトレイバー』なんかの存在も大きかったと思う。

A その一方で政治的にも大きな動きがありましたよね。JR民営化を巡ってのテロ活動があったということをつい最近知りましたし(国電同時多発ゲリラ事件)。いろんなものが熱かった、個人的にすごく興味深い時代なんです。

P そうか~、A-10さんには成田闘争とかは歴史の教科書の中の話か。

A でも、そんな時代のマンガやアニメ・ロックには「虐げられた者に手を差し伸べる」「許せないものには文句を言う」という姿勢を感じることができたし、『赫のグリモア』ではそういう気分を表現したかったんですね。


PANTA(中村治雄)
50年、埼玉県生れ。大学在学中に頭脳警察のギター・ボーカルとしてデビュー。75年の解散後はソロアーティスト・「PANTA&HAL」などで活動、併せて沢田研二・荻野目洋子ほかアーティスト・アイドルなどジャンルを超えての作詞・作曲・プロデュースも手掛ける。また『稲村ジェーン』、『カムイ外伝』、『沈黙―サイレンス―』、『下忍 赤い影』など多数の作品で俳優としても活躍している。

A-10(エーテン)
1990年代末から同人漫画活動を開始。主に成年向け漫画、成年向けゲームを制作する。
2006年より3年間(株)日本一ソフトウェアに在籍。在籍時の代表作はADVである『インフィニットループ』。2018年より初の少年漫画『赫のグリモア』を連載。現在次回作構想中。

>>>対談中のお二人などを見る