新監督就任会見のときのDeNAの三浦大輔監督

 25日に放送された『ショウアップスポーツ』にDeNAの三浦大輔監督が出演し、犠打について言及した。

 昨季はリーグで最も少ない51犠打で、ラミレス前監督時代は送りバントが少なく、打って繋ぐ野球を展開していた。

 同番組のパーソナリティの松本秀夫アナウンサーが犠打について質問をぶつけると、三浦監督は「状況に応じてバントも使います」と宣言。続けて松本アナウンサーが「昨年より増えるということでしょうか?」と質問すると、三浦監督は「そうですね。状況によりますけど、送るところは送っていきたいと思っていますね」と臨機応変に攻撃を展開していく考えのようだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)