自然豊かな「奄美大島」の魅力は? 奄美大島出身・中孝介らがクイズを出題! ほっこりエピソードに鈴村健一「奄美大島はいいところ」
声優としても活躍中の鈴村健一(月~木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」で1月21日(木)からスタートした新コーナー「ONE MORNING Island Hopping!」。今年の夏に世界自然遺産登録が期待されている奄美大島、徳之島、沖縄島北部、西表島(「奄美・沖縄」)の魅力を発信する企画を4週にわたって実施します。第1週目となる1月21日(木)の放送では、「奄美大島」の魅力を特集! 奄美大島エコツアーガイド連絡協議会の喜島浩介(きじま・こうすけ)会長に生電話でお話を伺いました。


奄美倉崎海岸



世界自然遺産候補地の奄美大島、徳之島、沖縄島北部、西表島の4つのエリアの自然や文化、島の魅力を、現地のガイドさんやその土地にゆかりのある著名人が出題するクイズから楽しく学ぶコーナー「ONE MORNING Island Hopping!」。4週にわたってそれぞれのエリアの魅力を紹介します(1月21日(木)奄美大島、28日(木)徳之島、2月4日(木)沖縄島北部、11日(木・祝)西表島)。

*  *  *

鹿児島県本土と沖縄本島のほぼ中間にある奄美大島。アマミノクロウサギなど、独自に進化した珍しい動物や植物が多い自然豊かな島です。そんな奄美大島にまつわるクイズを喜島さんが出題します!


奄美大島を代表する亜熱帯の森「金作原原生林」のヒカゲヒゴ



【第1問】
奄美大島を代表する国の天然記念物「アマミノクロウサギ」は短い耳が特徴ですが、なぜ短いのでしょうか?

鈴村は「短い!? なんだろう……。ウサギって言っているけど、実はウサギではなくネズミ!」と回答すると、エリザベスも「ウサギという名前がついているけど、実はネコ!」と回答。さらに鈴村が、「耳だと思っている部分は、実は鼻とか……(笑)!?」と想像をめぐらせるも、「喜島さんスミマセン、僕たちこれが限界です……。答えをお願いします!」とギブアップ。

【正解】
島には天敵がいないから。


喜島さんによると、もともとウサギの耳が長いのは、まわりの音を察知して外敵から逃げるための役割を果たしているとのこと。

「奄美大島の場合、ウサギの天敵はハブなんですけど、アマミノクロウサギのほうが圧倒的に(動きが)速いので、徐々に(長い耳が)退化していったと言われています」と解説。ちなみに、「アマミノクロウサギは、田舎のほうでは庭先に出てくることもありますし、山深く入ったところにもいます。島のいたるところで見られます。(アマミノクロウサギを見学する)ツアーもありますよ」と紹介しました。

【第2問】
昔からの言い伝えでは、奄美大島の森には妖怪がいると言われています。森のいたるところに出没するそうですが、その妖怪の名前は?

①ケンムン
②キジムナー
③アマビエ
④シーサー

4つの選択肢に鈴村は、「水木しげるさんの妖怪図鑑を持っていたから、どれも知っているな~!」とキッパリ。「子どものときの記憶では、キジムナーは沖縄の妖怪だったと思う。奄美大島にもいるかと言われると、自信がないなぁ……」と言い、「①ケンムン」と予想します。

エリザベスは、喜島さんのイントネーションから「言い方が慣れていそうな気がした(笑)」と言い、鈴村と同じく「①ケンムン」を選択。

【正解】
①ケンムン


見事正解し、拍手して喜ぶ2人。喜島さんは、「大木に宿ると言われているケンムンは、カッパによく似ているという説があります。いたずらをするし、相撲が大好き。(怖い妖怪と言うよりも)危害を加えない“いたずら小僧”みたいなイメージですね。ただ、欲張りな人のことをいじめるんです。子どものころ、遅くまで遊んでいると『ケンムンにひっかかれるよ!』と言われていました」と説明。奄美大島独自の文化に触れ、鈴村は「面白い文化ですね~!」と関心を寄せていました。

この日、最後の出題となる第3問は、奄美大島出身の歌手・中孝介さんから届いたクイズを紹介!

小さいころから自然のなかで遊ぶのが好きだと言う中さん。「近所の川で釣りをしたり、泳いだり。父親が水道屋をやっていたので、会社からパイプを持ってきて、それを川に2~3日沈めて、両端を手で塞いで(パイプを)引き上げてみると、うなぎが入っていることもありました。懐かしい思い出です」と少年時代を振り返りつつ、第3問目のクイズを出題。

【第3問】
小学生低学年のころ、家族でバーベキューをしていました。奄美大島にあるサンセットが美しい海水浴場「奄美市大浜海浜公園」の浜辺で1泊をしようと、夜にバーベキューをしながら団らんしていました。すると、シートの下から“モコモコモコ”と何かが動き出し、ある生き物が出てきました。その生き物とは?

①カニ
②ウミガメの赤ちゃん
③ハブがふ化してでてきた

エリザベスは、「カニなんてバーベキューのときに出てきたら“美味しそう!”ってなっちゃう」と笑いを誘い、「私は出てきてほしくないからこそ、ハブ!」と予想。対して鈴村は、「僕はウミガメの赤ちゃんだったらいいな~と思ったんだけど、ウミガメって夜に出てきて早朝に(海に)帰っていくイメージだもんね」と話すと、エリザベスが「(中さんが)“夜のバーベキュー”と言っていましたから」とアシスト。これに鈴村は「②ウミガメの赤ちゃん」に望みを託します。

【正解】
②ウミガメの赤ちゃん


中さんは、「(シートの下から)ウミガメの赤ちゃんが100匹ぐらいバーッと出てきたので、みんなで慌てふためいたのですが、ウミガメの赤ちゃんが一心不乱に海に向かって走っていく姿に感動しました。いまだに忘れられないですね」と当時のエピソードを披露。「集落によっては、ウミガメが産卵するとその場所を囲うんです。僕が小さいころは、まだやっていなかったんですけど、絶滅が心配されているので、いまは保護されています。あと、ウミガメは灯りに向かって動くので、街灯にフィルムを巻いて暗くしたり、やさしい工夫をしている集落もあります」と現在の取り組みを紹介。

さらに「そんな素敵な人たちがいる奄美大島にリピートで来られる方は、人と知り合って、その人に会いに来るという人が多いですね。いまは新型コロナウイルスの感染が拡大していますが、コロナが落ち着いたら、ぜひ我がふるさと・奄美大島に遊びに来ていただきたいです」と話していました。


奄美大島南部の景観を一望できる「高知山展望台」



3問中、2問正解した鈴村は、「中さんの『(現地の)人に会いに来る』という言葉もありましたが、今回お話を伺った喜島さんと中さんのお人柄からも、奄美大島は本当にいいところなんだろうなと感じることができました」と笑顔をのぞかせていました。

なお、「奄美・沖縄」の世界自然遺産登録を見据え、各エリアの個性をナビゲートするWebサイト「時を紡ぐ、彩りの島 奄美・沖縄」では、豊かな自然や、そこで生息する多種多様な動植物を学びながら楽しめるデジタルすごろく「アイランドホッピングすごろくキャンペーン」を実施中。サイコロを振ってクイズに答え、ゴールをすると抽選で素敵な賞品が当たるチャンスも! キャンペーンは2月15日(月)まで実施しています。現在、コロナ禍でなかなか旅行ができない状況下ではありますが、ぜひ、すごろくにチャレンジして「奄美・沖縄」の魅力を感じてみてください。


▶▶デジタルすごろく「アイランドホッピングすごろくキャンペーン」:https://amamiokinawa.jp/sugoroku/

次回1月28日(木)放送の「ONE MORNING Island Hopping!」のコーナーでは「徳之島」を特集。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ:鈴村健一(月~木曜)、山崎樹範(金曜)、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/