新体制発表後に長谷川健太監督が会見に応じた [写真]=FC東京

 FC東京は25日に新体制発表会を行い、長谷川健太監督が出席した。また、発表会後には会見が行われ、長谷川監督が今シーズンへの意気込みを語った。

 新体制発表会では、今シーズンの目標は「シャーレを掲げる」と話していた長谷川監督。同監督は「チーム力というところが一番大事だと思います。今季は大きな補強はなかったわけですが、足りない部分をピンポイントで非常にいい補強ができたと思っていますし、若手も非常に良い選手が入ってくれたと思っています。少数精鋭でチーム力を高めていくということが今季一番のポイントになるんじゃないかと思っています」と移籍市場と今季へのポイントを総括。

 また同監督は「先ほど言ったようにチーム力、コンビネーションの部分をいかに上げていくかが大事だと思っています。特に攻撃陣に関してはチームメンバーが昨季と大きく変わらないので、誰が出てもチームとしてコンビネーションをしっかりできることが得点を取るために大事だと思っています。もちろん得点を取るためには個の能力も大切ですが、個の能力を持った選手は東京には揃っていると思っていますので、彼らがしっかりとハーモニーを奏でることができるかどうかがポイントになると思います」とチーム力向上を課題に挙げた。

「シーズンのスタートが大事だと思いますので、今日、選手たちにもリーグのスタートが大事だと声を掛けました」と初動の大切さをそのために選手に伝えたという同監督は、タイトル(ルヴァンカップ)を取ったことが与えたチームへの影響について「やっぱり一つタイトルを取ることがチームにとって大きな自信につながると思っています。ただ、それが過信、油断につながってしまっては何にもならないと思いますので、今季はつかみかけた自信を確信に変えられるかどうか。そのためにはリーグチャンピオンというタイトルが必要だと考えています」と語り、気を引き締めつつも意気込んだ。

 さらに今季の戦い方のイメージについて問われた同監督は次のようにコメントしイメージを語った。

「昨シーズン終盤を見ていただければと思っています。ディエゴ・オリヴェイラはケガでACLの途中から出られませんでしたが、ディエゴ、レアンドロ、アダイウトンというブラジル人の3人に永井謙佑。そこに今季は田川亨介、紺野和也あたりがしっかり絡めるか。それぞれの特徴があると思うので、昨季はブラジル人3人が絡めればというところでした。永井とブラジル人の関係も良かった。そこにプラスアルファで今季は田川や紺野がピッチに出たときに攻撃の形を作っていけるかが大事になってくると思います。今季も5人交代ですし、連戦が多い。それを考えれば同じメンバーでずっと試合を行うのは難しいと思いますし、一人二人代わったとしても攻撃力が落ちないことが勝ち点を取っていくためには大事なことだと思います。プラスアルファのコンビネーションを構築することが今季は大事になるんじゃないかと思います」