ライが官能的なソウルを作り続ける理由「僕の役割はメロウな音楽で人々を癒すこと」

2013年に『Woman』でアルバムデビューを飾って以来、癒し系ソウルの旗手として多くのリスナーを魅了してきたライ(Rhye)。カナダ出身、ロサンゼルス在住のマイク・ミロシュによるR&B/ソウル・ユニットがニューアルバム『Home』をリリースした。マリブにある新居でクリエイトされたサウンドは、これまで以上に神々しく、眩しく光り輝いている。コロナ禍で疲れ切った人々の心を優しく潤してくれるに違いない。ステイホームが続く状況下、『Home』と題されたアルバムを作った経緯などをマイクに尋ねた。

【画像を見る】ライのマイク・ミロシュ(写真5点)

ー前作のEP『Spirit』はピアノをメインにしたシンプルな作品でしたが、ニューアルバム『Home』はどのような方向性でと考えましたか?

ミロシュ:新作にはシンセサイザーをたくさん使ったよ。それも全てアナログで、コンピュータ系統の音源を使ったものは一切ないんだ。モーグとハーブとジュノ……それにドラムやギター、コーラス、僕の歌などを混ぜ合わせていった。何か新しいことを成し遂げたいという気持ちはあったけど、ライの世界観の中でというのは変わらない。多様なジャンルを結合させる、というその方向性は続けていきたかったんだ。例えば新作では、60人編成の合唱団を起用した。ほとんどグレゴリオ聖歌のようなクラシカル調だったり、クラシックロック的な要素を混ぜ合わせたり、ダンス的な要素も取り入れた。「Black Rain」なんてほとんどディスコ調だし、ソニック面における限界に挑戦したくて生ドラムもいっぱい導入した。前作は優しい作風だったけど、このアルバムではもっとエネルギーを感じさせたかったんだ。よりライブに近いサウンドってことだよね。



ー終盤には「Holy」という曲も登場して、アルバム全体にとても神聖なムードが漂っています。

ミロシュ:うん、ただし、このアルバムは一筋縄ではいかないよ(笑)。3つくらい異なる解釈ができる感じなんだ。その「Holy」って曲も、じつは”神聖すぎないで、僕のために”と歌っている。”少しくらい汚れてても大丈夫だよ”ってね。そう歌いながら合唱団を使ったり、神聖で伝統的なサウンドを奏でている。オルガンなど伝統的な宗教サウンドを取り入れて。逆説的なんだ(笑)。



新作のテーマ、ディプロとの意外な交流

ーアルバム全体のテーマは?

ミロシュ:このアルバムに『Home』と名付けたのは、僕が家庭を持ちたいと強く思っているからなんだ。この10〜15年ほど、僕の人生は波乱万丈だったけど、初めて家庭を持ちたいと思ったんだよね。心の拠り所を築きたいと感じたんだ。恋人のジェヌヴィエーヴとの関係も良好だったし、自宅で音楽を創造したいと考えた。2人の新しい家にホームスタジオも移転した。ロサンゼルスの郊外マリブの丘のてっぺんにある家で、雲の上って感じだよ。創造性を高めるにも最適だし、安らげる聖域のような場所なんだ。



ー自粛期間中にクリエイティブになれたというアーティストも多いようですが。

ミロシュ:うんうん、すごく分かるよ(笑)。僕もこの1年間に映画音楽を手掛けたり、ライのこのアルバム、それにセキュラー・サバス(Secular Sabbath)というプロジェクトの作品も手掛けたし、けっこう忙しくしていた。ツアーができない代わりに、じっくり音楽と向き合うことができたのも良かったし、こんな時期だからこそ自分をポジティブにしてくれる音楽や、幸せになることを実践したいんだよね。

ーセキュラー・サバスでは、具体的にはどういう活動を?

ミロシュ:セキュラー・サバスは24時間ぶっ続けのライブイベントなんだ。大抵は参加者のためにベッドを用意して、宿泊もしてもらう。素晴らしいアーティストたちがアンビエントミュージックを披露するんだ。僕も即興で演奏するよ。1〜2時間くらいかな。4時間やったこともある。普段とは違った声を使ってみたり、常に実験している感じなんだ。おかげで僕も自分の歌に自信がもてるようになったし、ライのこのアルバムにも反映されていると思うんだ。と同時に、セキュラー・サバスは、ライへの反動でもあるよ。ライではx1時間半〜2時間の決められたショーを繰り返すけど、セキュラー・サバスではごく少数の参加者を前に、特別な瞬間が生み出されるって感じなんだ。



ーディプロと一緒に配信ライヴを行っていましたよね。まったく異なるタイプのアーティストだと思っていたので驚きました(笑)。

ミロシュ:アハハハ、そうだよね。ディプロとは友達で、けっこう一緒にやってるよ。僕の恋人も、彼の友人なんだ。みんな仲良しって感じで。彼はセキュラー・サバスでも何度かプレイしているし、すごく美しいアンビエントミュージックを作るんだ。みんなが知ってるディプロとは違うかもね。数ヶ月前に彼が発表したアンビエントのアルバム(『MMXX』)でも、一緒にやった曲がある(「 XII」)。他にもダンスミュージックを一緒に作ったけれど、いつ完成するかはまだ未定かな。

「音楽と癒し」について

ービジュアル面への拘りも随所に感じられます。今回のジャケ写も自分で撮影を?

ミロシュ:そうだよ。いつもジャケ写は僕が撮影している。1stアルバム『Woman』だけ僕の写真ではなかったから、それがずっと引っかかってたんだ。自分のアートなら、ジャケ写も自分で手掛けるべきだと思うんだ。じゃないと何だか中途半端な気がしてね。新作の写真は、屋外の浴室から出てきたジェヌヴィエーヴを撮ったんだ。EP『Spirit』のときもニュージーランドの湖で撮った写真を使ったし、どうやら水と関係した写真が多いようだよね。普段から自然のなかで暮らして、海や湖、温泉などと接しているせいかな。僕たちの生活の一部という感じなんだ。

ーミュージックビデオにもいつも美しい女性が登場しますよね。女性を美の象徴として崇めているかのようで……。

ミロシュ:”崇める”はいいね(笑)。うん、インスピレーションを受けてる感じかな。彼女からインスパイアを受けることは多いし、お互いにそうありたいと願っている。彼女の写真を撮るのは、僕にとって大きな楽しみのひとつなんだ。写真を撮るのが大好きで、ほとんどオタクだね。僕の表現欲を満たしてくれるんだ。それにジャケ写は僕の音楽をビジュアル的にも表現してくれる。

ー「Black Rain」のMVでは俳優のアーロン・テイラー=ジョンソンが上半身裸でひたすら踊っていましたね。

ミロシュ:パンデミック下のロサンゼルスでビデオを撮影するのは、とても大変なんだ。4人以上で集まるとかって。元々アーロンとは親しい友人だったから、僕のビデオで踊ってほしいと頼んだら、二つ返事でOKしてくれた。それに彼のほうから”だったら妻のサム(・テイラー=ジョンソン、『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』などの映画監督)に頼んでみる?”と提案もしてくれた。お互い近所に住んでて、一緒にディナーをしたり、よく会ってるんだ。

ーあのビデオにはどのようなメッセージが込められていますか?

ミロシュ:アーロンは若い頃にバレエを習ってて、今でも毎日サーフィンをしているから、とても強靭な身体をしている。見れば分かるけど、内なるパワーも強靭なんだ。彼の演技もそうだけど、ある意味、天才的だと思うな。僕があのビデオで伝えたかったのは、2020年に起こった数々の苦難を乗り越え、打破しようってこと。「Black Rain」は、カリフォルニアなど西海岸一帯で起こった山火事をテーマにした曲なんだ。自宅を天災で失ってしまう恐怖や、そんな試練や障害に立ち向かい、乗り越えようと歌っている。彼は踊ってそうした障害を跳ねのけてくれたよ。単に踊ってるだけのビデオと映るかもしれないけれど、そういうメッセージも込められている。とはいえ、何となくでもいいんだ、そういう感じを受け止めてくれたら。



ー音楽で人々に癒しを届けたいと考えていますか?

ミロシュ:制作しているときは、そんなふうには考えないし、考えないようにしているけれど、ライの音楽を聴いて癒された、穏やかな気分になったとはよく言われる。音楽って重要なカルチャーじゃないかと思うんだ。世の中にある美しい行為って、じつはそれほど多くはない。森林破壊など、そうした行為に美しさは見出せないし、人間性の素晴らしさが発揮されるのは、やはりアートじゃないかと思うんだ。アートを創造することは、人間がなせる最も美しい行為のひとつじゃないかとね。なかでも音楽は、すぐさま人々に訴える力を持っている。知性ではなく、感情面に訴えかけることができる。すべての音楽が癒しというわけではないけれど、音楽による癒しは創造するクリエイター側とリスナー側の両者に作用する。ストレスが溜まりがちな現状だけど、僕にできるのは、そういう穏やかな気持ちを届けることじゃないかと思うんだ。僕の役割は、メロウな音楽で人々を癒す。そういうことだと思うんだ。

ー今はまだライブ活動は難しそうですが、今後の予定は?

ミロシュ:4月からヨーロッパツアーを予定していたけど、もしツアーが出来ないなら、またアルバムを作るかな。曲を作りすぎじゃないかって話もあるけれど……実際、この新作のために35曲ほど作ったしね(笑)。でも建設的でいたいから、そうだな、映画でも作ろうかな。映画音楽でもいいし。でも、やはりできればツアーをやりたいね。ステージに立つのは好きだし、自分の音楽を人々と分かち合って、ひとつに結ばれるのは、とても特別な感覚なんだ。人々と音楽をシェアする喜びは、他の何事にも替え難いよ。

【関連記事】ライ、繊細なサウンドに込められた美意識を柳樂光隆が掘り下げる



ライ
『Home』
発売中
視聴・購入:https://caroline.lnk.to/rhye-home