出品停止は販売機会損失!未然に防ぐ4つのポイント【Amazon 出品メソッド アグザルファが徹底解説】

Amazonコンサルティングを展開するアグザルファの鈴木です!こちらのコラムでは、Amazon出品に関する、基本事項から最新情報までを徹底解説していきます。

Amazonの出品において、近年増加している現象のひとつが、「出品停止」です。

突然、Amazonから出品停止に関するメールが届いたり、気づいたら出品停止になっていたりすることがあります。あなたも、出品停止の原因が分からず困惑した経験はありませんか?

出品停止は適切な対応を行うことで、ほとんどが出品再開可能になりますが、販売機会損失につながりますので、未然に防げるのであれば防ぎたいものです。

そこで、今回は「出品停止を防ぐ商品情報のポイント」について、主に四つのケースに絞って解説いたします!

 

 

ケース1:メイン画像

商品ページのメイン画像は、Amazonが推奨する「画像サイズ」と「背景白抜き画像」のルールに合わせる必要があります。


・縦または横のどちらか長い側面が500ピクセル~2,100ピクセル
・メイン画像は背景白抜き(RGB値:255, 255, 255、テキストや白以外の背景色NG)
・イラスト・合成画像はNG
・商品に関係ないものが映っていてもNG(人など)


上記以外にも細かい商品画像のルールがあり、メイン画像とサブ画像で使用可能な範囲が異なりますので、Amazonの詳細ページをご参考ください。

メイン画像による出品停止は、出品停止の原因の中でも多いため、特に注意が必要です。

年々、部分的にルールの改変が生じる傾向があります。Amazon出品歴の長い方は、今一度商品画像ルールを読み返してもいいかもしれませんね。

なお、ファッションカテゴリーにおいては、2020年9月30日以降、商品画像の基準が厳しくなりました。

メイン画像の背景に純白な白(RGB値:255, 255, 255)以外の色を使用した場合に「検索対象外」となりますので、予め各商品メイン画像をご確認ください。



ケース2:適正な販売価格ではない



Amazonでは、出品者が自由に販売価格を設定することができますが、価格設定に問題がある場合は出品停止になる可能性があります。

価格設定に問題があるというのは、設定している販売価格の商品相場を逸脱している場合です。

たとえ「出品価格の上限・下限」を設定していたとしても、Amazon側で不適合な販売価格であると判断されると、出品停止の措置が取られることがあります。

その理由として、Amazonでは、Amazon以外の他サイトの価格帯も参考に比較されており、Amazonとして競争力のある価格が存在するからです。
 
販売価格を逸脱した場合は出品停止となるため、販売価格を設定する際は相場を見極めた上で設定を行いましょう。

万一出品停止になった場合は、販売価格をAmazonが定める相場の範囲内に変更することで出品停止を解除することができます。(解除できない場合は、テクニカルサポート へお問い合わせください)

状況の確認方法は、セラーセントラルTOP > 在庫管理 > 停止中> 「価格に関する問題」から確認ができます。


 
ケース3:薬機法

「薬機法」による出品停止で苦戦している方も多いのではないでしょうか。

簡単に説明すると、薬機法とは、医薬品や医療機器などの医療用品のほか、健康食品・サプリメント・一般化粧品類などに対して、誤った情報が周知されないように厳しく規制する法律です。

「効果・効能」や「含有医薬品成分(原材料)」の記載などについては、規制された範囲内で表記しなければいけません。

Amazonでは近年、薬機法に関する取り締まりが厳しくなっており、薬機法にのっとって表現・記載した商品情報であっても、Amazon側の判断で出品停止になるケースが生じています。

そのような場合には、Amazonからの指摘を把握し、必要に応じて商品情報の修正対応を行うことで出品再開できますので、慌てず対応してください!

Amazon出品における薬機法関連の規制は、何がOKで何がNGなのか、現状では明確なルールが提示されていません。

出品者側としても不安な想いはあるかと思いますが、商品の登録や更新を行う際は、まずは薬機法に抵触しないように注意して記載することを意識してみてください。


 
ケース4:商品情報の不足

個々の商品単位で、商品情報が不足していると出品停止となる場合があります。

特に、セラーセントラル上で直接商品登録を行った場合によく生じますので(在庫ファイル未使用による商品登録)、商品登録完了後は問題なく出品できているか確認を行うことをおすすめいたします。

商品情報の不足による出品停止の理由として見落としがちな項目例は以下です。


・出品許可申請が必要な場合
・危険物申請が必要な場合
・購入者からの返品依頼が一定期間多い場合


など、上記以外にも理由はありますので、出品停止になった場合は理由を確認し適切な対応を行ってください。(諦めたらそこで終わりですよ!)

 

【まとめ】

出品停止の理由はさまざまな要因があります。これまでは問題ないとされていたことが、急にNGになることも珍しくありません。

今回解説した4つのケース以外にも、「在庫補充がされていない」「カタログ情報と実際の商品が異なっている」場合など、要因はほかにもたくさんあります。

特に最近では、マスクや除菌剤などの衛生用品は事前に「出品許可申請」を行わないと出品停止になるケースが急増しています。

定期的に出品停止商品が発生していないか確認し、販売機会の損失が極力最小限になるよう努めていきましょう!

重大な規約違反は出品停止を通り越し、最悪の場合はアカウント停止に至るケースもありますのでルールを守って健全な運営を目指しましょう!



アグザルファ株式会社 
Amazon専門コンサルティングサービス
https://www.axalpha.com/amazonconsul/
TEL:03-5201-3876