車のサブスク「KINTO」、移動の楽しみを提供する「モビリティマーケット」開設 外部企業と多様なサービス提供

トヨタ自動車グループで車のサブスクリプションを展開するKINTOは1月20日、国内外の企業と提携し、多様なモビリティサービスを提供するオンラインプラットフォーム「モビリティマーケット」を4月に立ち上げると発表した。モビリティカンパニーのトップランナーを目指し、新たなモビリティサービスを提案する。また、これに先立ち、「モビリティマーケット」のサービスを一足先に体験してできるプレオープンのキャンペーンを開催する予定としている。

「モビリティマーケット」は、移動の楽しさ・安心・快適につながるサービスを揃えたオンラインプラットフォーム。日本国内に在住・滞在の人なら誰でも利用することができ、車のサブスク「KINTO ONE」の契約者には3万円相当、「KINTO FLEX」の契約者には6万円相当の優待や様々な特典を検討しているという。サービスの提供にあたり、NTTドコモ、JTB、近畿日本ツーリスト、リンベル、富士スピードウェイなど多数の企業と提携。「クルマ」とともに「移動のよろこび」も提供するとし、以下の5つのカテゴリーに基づき、多様なサービスを提供する。

【モビリティマーケット 5つのカテゴリ】


「新しい生活の扉を開こう」
キャンピングカーを利用したワーケーションや、シェアサイクルで巡る旅、ドライブインシアターなど、ニューノーマル時代の新たな移動体験を提供する。

「心踊るスペシャルな体験を」
海外でのKINTOブランドのカーシェアや、モータースポーツの観戦・体験、クルマでしか行けないようなローカルでの食事と体験など、クルマを使った非日常体験を提供する。

「クルマ時間をとことん楽しもう」
カーコーティングや、レジャー時の駐車場予約、クルマの中で流す音楽やお出掛けを楽しくするカメラなど、快適なクルマ時間を演出するサービスを提供する。

「もっと気持ちよく、軽やかに」
クルマ・電車・バス・船をはじめ複数の移動手段を組合わせたMaaSや、リムジンによる自宅から空港への送迎など、シームレスでストレスフリーな移動サービスを提供する。

「やさしく移動を応援」
ドライビングレッスンや、移動する日をピンポイントでカバーする保険、クルマの中の除菌など、移動の安心安全をサポートするサービスを提供する。


新型コロナウイルス感染拡大の影響により、人々の移動が制限される中で、「どこかに行く」というお客様のニーズに応えるため、近い将来、移動が自由になる時に向け、クルマのサブスクにとどまらず「移動のよろこび」を感じてもらうサービスを提供するとしている。