LiSA「口ずさめるような曲を…」“子どものファン”が増えて変わった意識、曲作りの変化を明かす
アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。1月12日(火)は、歌手のLiSAさんが登場。TVアニメ『鬼滅の刃』のOPテーマ「紅蓮華」、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌「炎」大ヒット中のLiSAさんが、子どもたちからの人気が“曲作り”に与えた影響について話してくれました。


(左から)LiSAさん、坂本美雨



坂本:子どもたちが新しくリスナーに加わったことは、作詞の面で意識されますか?

LiSA:作詞については、意識して簡単な言葉にしたりはしていませんが、曲はもう少し聴きやすいようなものにしています。これまではテンポがすごく速い楽曲が多かったので、そういう意味では「紅蓮華」も、今までよりはBPM(テンポ)が遅いですね。これを基準に、あまり速すぎないように意識をしたり、子どもたちが口ずさめるような曲を(意識しています)。

「紅蓮華」も「どうしたって!」のところは(子どもたちに)歌ってもらえるんですけど、その後の「消せない夢も」から(キーが高くなるので)ゴニョゴニョしてしまうので(笑)。

坂本:それがかわいいんですけどね(笑)。

LiSA:はい(笑)。そういう部分を見て「あぁ、なるほどね。歌いづらいよね~」って(笑)。

坂本:そのバランスを考えることが多くなってくるんでしょうね。でも、アルバムをトータルで作られるときには、自分の本当に好きなことや得意なことを追求した楽曲もあるんでしょうか?

LiSA:そうですね。聴いてくれる年代がすごく幅広くなったからこそ、自分のできる幅もすごく広がった気がしますね。

坂本:それは今まで想像していた部分だったんですか? それとも、新しく「自分ってこういうことができたんだ!」と、広がった部分?

LiSA:そうですね。今まではライブが主軸だったので、「ライブをどう盛り上げていくか?」「この人たちを躍らせるためには?」「この人たちのテンションをいかに上げていくか?」みたいなことを重視して楽曲を作っていました。そこから、作品を通して子どもたちにも曲を聴いてもらえる、遊んでもらえるという状況になって、みなさんが幅を広げてくれた気がします。

坂本:おもしろいですね! 自分の思ってもみなかった表現が引き出されることが、これからもあるわけですもんね。

LiSA:あとは私の声自体がすごく高くて、ある意味「お子さんの声と周波数が近いのかも?」って思いました(笑)。私が一生懸命歌っている歌を、お子さんたちが軽々と歌ってくれるので、「なるほど! じゃあこの辺の声を使おうかな」と考えるような意識にも変わりましたね。

LiSAさんのニューシングル「dawn」は、現在発売中です。詳しい情報はLiSAさんの公式サイトもチェックしてください。

1月25日(月)のゲストは、6人組エレクトロポップバンド・Lucky Kilimanjaroの熊木幸丸さんです。毎回、多彩なゲストとの楽しいトークや素敵な音楽をお届けします。お楽しみに!

<番組概要>
番組名:坂本美雨のディアフレンズ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月~木曜11:00~11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/dear/