受験シーズン真っ只中…絵馬師が語る“神様に願いが伝わりやすい”絵馬の書き方とは?
放送作家・脚本家の小山薫堂とフリーアナウンサーの宇賀なつみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「日本郵便 SUNDAY’S POST」。1月17日(日)放送では、絵馬師の永崎ひまるさんをゲストに迎え、お届けしました。


永崎さんが手がけた素敵な絵馬たち



絵馬師という職業を初めて耳にしたという小山と宇賀。それもそのはず、永崎さんは「絵馬師として公認と言いますか、神社界で認められているのは私だけ」と言います。

自身が手がけた絵馬は、これまで伊勢神宮、出雲大社、宗像大社、霧島神宮、東京大神宮、神田明神、万九千神社、乃木神社、小國神社、甲斐国一宮 浅間神社など、さまざまな神社に奉納されてきたそう。

そもそも絵馬はいつ頃からあるのかというと、永崎さんは「多くの文献だと奈良時代とも言われています。最近では飛鳥時代のものも見つかったらしいです。それだけ長い間、絵馬は日本人のなかに息づいていたようですね」と説明。

小山が「絵馬って、絵と“馬”という字ですよね。でも、別に馬の形をしているわけでもないし……なぜ“馬”なんですか?」と尋ねると、永崎さんは「もともと神社に奉納されていたのは、生きている馬だったんです」と回答。「生きた馬は、昔の人にとっていま以上に財産だったので、奉納を続けるのはなかなか大変だったらしくて。土でつくった馬になったり、木でつくった馬になったり……それがだんだん簡素化されて、いまの形になっていったと言われていますね」と話します。

今回、永崎さんが手がけた絵馬をスタジオに持参していただきました。実物を目にした2人は、それぞれ絵柄や筆のタッチに違いがあることに気づいたようで、宇賀は「宗像大社の絵馬は、すごくかわいくてポップな感じですね。字も丸文字で、牛もイラストっぽい。でも乃木神社は、“ザ・お正月!”って和柄の感じですね」と感想を口にすると、小山も「同じ人が描いているとは、まったく想像できないですよね」と頷きます。

永崎さんによると、神社によって絵柄を変えないといけないそうで「これがいわゆる画家との特徴の違いで、神社には御祭神(祀られている神)もいますし、神職さんたちのお考えがまったく違うので、絵馬師として必ずそれを伺ってから描くようにしている」とこだわりを語ります。


(左から)小山薫堂、永崎ひまるさん、宇賀なつみ



最近では、神社以外のところから依頼がくることも。羽田空港の国際線ターミナルには「羽田空港大絵馬 鳳凰と富士」が飾られています。そんな広がりに、永崎さんは「今後、神社以外のところでも置かせていただいて、日本の文化として広めていきたい」と力を込めます。

この大絵馬には、空飛ぶ鳳凰が空から富士山を見下ろしている様子が描かれており、「いま飛行機関係の方は本当に大変な思いをされているので、“勇気を持っていただきたい”、“応援したい”という気持ちがありました。飛行機から見える富士山って感動するじゃないですか。それを描きたいと思って。それから、鳳凰には、また復活するという意味合いも込めて描かせていただきました」と思いを語ります。

さらには、「コロナ禍で絵馬の必要性がまた1つ変わってきたなという印象がありました。自分が込める思いも変わったなと。出雲大社の絵馬を描くときは、出雲の方々にすごく温かく応援をしていただきながら描かせていただいて。羽田空港のときもみなさんが応援してくださって、自分の使命感もちょっと変わってきたと思った絵馬でした」と回顧。


永崎さんの絵馬を手にする宇賀なつみ



現在、受験シーズン真っ只中とあって、小山は「絵馬を書く受験生も多いと思いますが、神様に願いが伝わりやすい書き方ってあるんですか?」と質問。これに永崎さんは「(絵馬にも)神社へお参りをするのと似たところがあって、まずは神様仏様に感謝。人間でもそうだと思うんですけど、自分の願いごとばかりだと“う~ん……”ってなりますよね? 感謝を持って接すると、思いが通じやすくなると思います。あと、もし受かったら必ずお礼参りをするとか、そういう気持ちが大事だと思います」とアドバイス。

「去年はコロナがすごく広がって、みなさん、好きな行動もできなかったと思うので、おそらく感謝の気持ちが昔よりも出てきているのかなと思うんですよね。そんなことを思いながら書いてほしいです」と話していました。

次回1月24日(日)の放送も、どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:日本郵便 SUNDAY’S POST
放送日時:毎週日曜 15:00~15:50
パーソナリティ:小山薫堂、宇賀なつみ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/post/