米司会者ラリー・キング氏、87歳で死去 揺るがなかったインタビューの信念

23日朝、米司会者のラリー・キング氏が米ロサンゼルスのシダーズ・サイナイ医療センターで亡くなった。享年87歳。死因は発表されていないが、キングは二週間前に新型コロナウイルスに感染し入院していたことが報じられたばかりだった。

「Ora Media」(キングが設立に携わったデジタルTVネットワーク)はキングのTwitterで声明を発表。「深い悲しみをもって、Ora Mediaは、共同設立者であり、ホストであり、友人でもあるラリー・キングの死を発表します」

キングは、CNNの長寿番組「ラリー・キング・ライブ」で一躍有名になった司会者で、これまでに数々の賞を受賞している。

「63年間、ラジオ、テレビ、デジタルメディアのプラットフォームを超えて、ラリーが残した何千ものインタビュー、世界的な賛辞の声は、ブロードキャスターとしていかに彼が優れているかを証明しています。番組のタイトルは彼の名前を掲げていますが、ラリーは常にインタビューの対象者であるゲストを番組の真のスターと見なし、彼自身はゲストと視聴者の間をつなぐ偏りのないパイプに過ぎないと考えていました。アメリカの大統領、外国の指導者、著名人、スキャンダルを起こした人物、あるいは一般人にインタビューする場合でも、ラリーは短く、直接的でシンプルな質問をすることを好みました。彼はシンプルな質問が最善の答えを提供すると信じていましたが、その信念は間違っていませんでした」(Ora Mediaの声明文より)

【動画を見る】若き日のトランプやプリンスも番組に出演

キングは前立腺癌や糖尿病などの健康問題と長年闘ってきた。1987年には心臓発作を起こして五重バイパス手術を必要とし、2017年には肺の悪性腫瘍を摘出する手術を受けた。

今年初め、キングの成人した2人の子供たち、息子のアンディと娘のチャイアが互いに数週間以内に亡くなった。このような悲劇にもかかわらず、キングは自身のYouTubeシリーズ「ラリー・キング・ナウ」の新しいエピソードを公開し続けており、最新のエピソードは2週間前に公開された。ポッドキャスティングの世界に参入する計画も発表していた。

ブルックリン生まれのキングは、1950年代後半に新聞記者とDJとしてキャリアをスタートさせ、その後、ラジオのレパートリーを有名人のインタビューやスポーツイベントの解説にまで広げた。1978年、キングは全国で放送する「ラリー・キング・ショー」を開始し、1985年にCNNで「ラリー・キング・ライブ」が放送された後も司会業を続けていた。

1985年6月から2010年12月まで毎晩放送されたキングのCNN番組は、有名人、政治家、陰謀論者、超能力者、アメリカ大統領、ウラジーミル・プーチン、フランク・ザッパ、プリンスなど多岐にわたるゲストが特徴だった。

ドナルド・トランプもまた、彼が大統領になる数十年前からキングの番組に頻繁にゲストとして登場しており、不動産界の巨匠はキングの25周年記念スペシャルを司会したこともある。

キングはその放送活動で2つのピーボディ賞を受賞し、ナショナル・ラジオの殿堂とブロードキャスト・ホール・オブ・フェイムの両方に殿堂入りしました。「ラリー・キング・ライブ」終了後は、2012年に「ラリー・キング・ナウ」、2013年に「ラリー・キング・ナウとポリティッキング・ウィズ・ラリー・キング」をスタートさせた。また、テレビ番組や映画にも数え切れないほど出演している。そのほとんどが本人役で、『30 Rock』、『Murphy Brown』、『Ghostbusters』、『Frasier』、『Primary Colors』、『American Crime Story』などに登場している。

from Rolling Stone US