聖飢魔II、地球デビュー35周年期間限定再集結活動を続行

聖飢魔IIが、地球デビュー35周年期間の限定再集結活動を続行することを発表した。

悪魔集団の聖飢魔IIは昨年2020年に地球デビュー35周年を迎え、5年振りの期間限定再集結。全国15ヶ所合計30公演の全国ツアー「ヴィデオ黒ミサ&生トークツアー『特別給付悪魔』」をやり遂げた。

関連記事:聖飢魔IIの創始者「ダミアン浜田陛下」が語る、王道を貫くメタル愛

そして魔暦23(2021)年1月23日に「秘密結社 魔人倶楽部35th」(ファンクラブのようなもの)会員限定にて行う『信者の集ひ』(生配信)終了後には構成員は魔界に帰還するものだと思われていた。再集結活動の最後のスケジュールとなった「信者の集ひ」は、新型コロナウイルス蔓延によって、生配信で開催。この日の為にリアレンジされた楽曲と昨年のツアーで更に磨きがかかった構成員のトークで公演は進行していき、公演終盤、デーモン閣下から重大発表が行われた。

デーモン閣下「我々聖飢魔Ⅱとしては、35周年はまだ未消化であり終わってはいない。このままでは終わる訳にはいかずリベンジが必要だ。落とし前を付ける為に、今年10月から昨年予定していた規模の大黒ミサツアーを行いたいと思っている。その時社会情勢がどうなっているかは判らないが、我々は40周年を待つのではなく、35周年の活動は継続する。そして、もともと昨年に大黒ミサツアーの開催に伴い新曲を含む大教典(アルバムのようなもの)を発表する予定であった。ツアーはヴィデオ形式に変更になった為に一旦教典の話はペンディングになっていたが、今年秋からツアーを予定通り行うのであれば発表する可能性がある」

35周年再集結活動を続行し、有観客での大黒ミサツアーの開催と新教典の発表を表明。この発表を聞いた信者からは歓喜のメッセージが溢れた。

また、同日、聖飢魔Ⅱからもう1つの発表が行われた。再集結活動継続情報第1弾として、雑誌『BURRN!』の表紙&大特集が決定。魔暦前14(1985)年発布のデビュー大教典(アルバムのようなもの)が、当時の『BURRN!』レコードレビューにて『0点』を付けられたという一件があったという。それ以来BURRN!と聖飢魔Ⅱの間には35年間に及ぶ厚く長い壁が存在していたが、昨年開催した「ヴィデオ黒ミサ&生トークツアー『特別給付悪魔』」の広島公演にBURRN!の現編集長が訪れ、取材を申し出た事から実現となった。全構成員の個別インタヴューに加え、20周年の再集結(16年前)以来加わっていないエース清水長官のインタヴューが実現している。

・聖飢II地球デビュー35周年記念期間限定再集結 構成員
デーモン閣下、ライデン湯澤殿下、ゼノン石川和尚、ルーク篁参謀、ジェイル大橋代官


<発売情報>



BURRN!3月号
2021年2月5日(金)発売!
価格:820円(税込)
出版社:シンコーミュージック・エンタテイメント

・聖飢魔II公式web:https://www.seikima-ii.com