逝去したルートン・シェルトン [写真]=Getty Images

 ジャマイカ代表FWルートン・シェルトン氏が亡くなった。35歳だった。

 シェルトン氏は1985年にジャマイカのキングストンで誕生。母国ハーバー・ビューでデビューし、シェフィールド・Uやヴォレレンガなどでプレーした。ジャマイカ代表では75試合に出場し歴代最多の35得点を記録。カリビアンカップでは2度の得点王に輝き、同国代表の制覇に貢献した。

 シェルトン氏は2018年に筋萎縮性側索硬化症(ALS)を公表し、闘病を続けていた。

 かつて所属したシェフィールド・Uは「この困難な時期に直面するルートンの家族にブレイズの全員がお悔やみを申し上げます」と哀悼の意を表している。