ECMSジャパン、手軽に利用できる国際宅配便サービス開始 料金は外資系クーリエの5分の1

ECMSジャパンは1月22日、格安な国際宅配便サービスとして、小口貨物に特化した「ECMSスタンダードエクスプレス」の販売を開始した。手軽に利用でき、料金は外資系クーリエの5分の1程。国際航空貨物輸送の輸送力が低下しているコロナ禍において、「届けたい」という気持ちを支えるサービスの提供を目指す。

「ECMSスタンダードエクスプレス」は、小口貨物に特化した国際宅配便サービスで、集荷から海外目的地における配達完了までのDoor to Door輸送を行う。個人・企業問わず、誰でもすぐに利用することができ、Web上で出荷申し込みから、クレジットカード決済による輸送料金の支払いまでを完結できる。発送可能国・地域は、中国、台湾、香港、韓国、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、アメリカ。

■輸送料金(Door to Door輸送)


これまで同社は、主に越境ECで販売を行う企業向けの国際宅配便サービスを展開してきたが、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、国際航空貨物輸送の輸送力低下により既存の各社サービスが停止となったことで、個人や少量・不定期出荷をする企業からも出荷についての問い合わせが寄せられるようになったという。その問い合わせはどれも切実で、国際航空輸送を担う会社として、このような要望に応えることが使命であるとの考えから「ECMSスタンダードエクスプレス」の開発・提供に至ったとしている。

「ECMSスタンダードエクスプレス」は、社会のインフラの一つになることを目指し、個人・企業問わず幅広い利用者に手ごろな価格と配達日数を提供すること、Webで申し込みから決済まで完結すること、配達完了までの追跡もWebで手軽にできることを実現している。

今後は、路線の拡大や配達日数の短縮などサービスの拡充に向けて取り組みをすすめ、多くの人に利用されるサービスとして進化を図っていく考えを示した。