楽天、ファッションブランドのオムニ化支援を開始 モール含む複数販路のデータ一元管理を実現

楽天は1月19日、ファッションECサイト「Rakuten Fashion」において、複数販路におけるデータの一元管理デジタルソリューション「Rakuten Fashion Omni-channel Platform」を2021年夏頃より提供すると発表した。それに先立ち、ブランドショップからの「Rakuten Fashion Omni-channel Platform」導入の申込受付を開始した。「Rakuten Fashion」に参加するショップのデジタルトランスフォーメーション(DX)推進を支援する。

「Rakuten Fashion」に参加するファッションブランドショップを対象とする「Rakuten Fashion Omni-channel Platform」は、複数販路における様々なデータを一元管理できるデジタルソリューション。サービス開始時には、ブランドショップが展開する実店舗や自社ECサイト、「Rakuten Fashion」を含むECプラットフォームなど、複数の販路における商品販売履歴を、システム上の在庫情報にタイムリーに反映させ、一元管理できる機能を提供する。これによりブランドショップは、各販路における商品在庫を最適化するとともに、販売の機会損失を低減することができるとしている。



また、「Rakuten Fashion」および自社ECサイト上で、実店舗の商品在庫情報が表示可能になり、オンラインからオフラインへの送客を図ることができる。さらにオプションとして提供する複数の販路に向けた商品在庫の保管や、注文状況に応じた出荷および配送を行うフルフィルメントサービスを併せて利用することで、倉庫間の輸送に伴う費用や商品の受注から出荷までにかかる時間を削減できるという。

「Rakuten Fashion Omni-channel Platform」では、楽天のファッションECサイトおよび物流フルフィルメントサービス運営の知見に加え、複数の企業のシステムやノウハウを融合。具体的には、フロー・メイカーズHDおよびそのグループ会社であるエムエルシーが提供する在庫一元管理システムと物流倉庫運営ノウハウ、AMSやダイアモンドヘッドなどの複数企業が提供するマルチモール連携基幹システムとEC構築支援ノウハウを活用し、複数販路に向けた在庫情報の一元管理を実現するとしている。なお、すでにこれらの企業と連携し、複数販路の在庫の一元管理やマルチモール連携システムを自社で構築しているブランドショップは、既存のシステムを生かしながら、導入コストを抑えつつ、早期に本サービスを導入することが可能だ。

楽天は、2019年9月より「Rakuten Fashion」構想を掲げ、ファッションのデジタルトランスフォーメーションを推進し、ユーザーへより付加価値の高いサービスを提供することを目指しており、本サービスの提供はその一環となる。今後も本サービスのさらなる利便性向上を図るとともに、ブランドショップのオムニチャネル化の推進を支援すべく、新たなサービス開発を進めていく考えを示した。