【編集部が選んだ在宅商品とは】 「おうち時間」新たな過ごし方が続々

2度目の緊急事態宣言で、不要不急の外出自粛が改めて求められる中、健康的で快適な家の中での過ごし方に注目が集まっている。フィットネス、美容、調理家電、食品の各分野から、編集部が選んだ「おうち時間」を充実するアイテムをまとめた。長引く外出自粛によってアップデートしている「おうち時間」。さまざまなニーズに新たな商品と販促で応えたい。

<CONTENTS>
・【フィットネス】ホームジムは次の時代へ
・【おうち外食で支援広がる】食材廃棄削減をECで応援
・【美容品】美容機器の需要拡大に期待
・【調理家電】本格調理家電の需要拡大


【フィットネス】ホームジムは次の時代へ
「おうち時間」に、運動は不可欠となった。在宅勤務の定着化とともに、家で運動する新たな需要を生み、フィットネス商材は今も注目の商材となっている。

テレビやカタログ通販による、フィットネス器具の販売が伸びている。フィットネスを専業とする事業者の台頭も目立ってきた。

フィットネス器具は、エアロバイクやヨガマットなどが売れており、オンラインや専用アプリなどを通じて、ウェブ上でのコミュニティーを構築した商材も勢いがいい。

プロテインの販売も好調で、筋力増加というイメージから、健康や体力の維持といった販促を行う事業者を増やしている。普段、プロテインを摂取しない消費者からの購入が増え、プロテイン市場も注目を集めるマーケットになっている。

コロナの感染拡大よって始まった在宅運動が、「ホームジム」という新たな段階に入ろうとしている。現在、米国を中心に話題となっているのは、鏡のような形状をしたフィットネス機器「MIRROR(ミラー)」だ。ミラーは、「ほとんど見えないホームジム」をコンセプトに、インテリアの一部として鏡越しにトレーニングができる仕組みだ。


鏡を見ながら家族でトレーニングも

トレーニングは50以上のジャンルから選べ、初心者から上級者まで、それぞれに最適な内容を提供する。高度なカメラや機械学習を内蔵しているため、わずかな時間でも最大の結果が得られるようになっている。オンライン上で、友達と競い合いながらのトレーニングもできる。

こうした商材が「ホームジム」の新たな可能性を広げて、次の時代に進んでいることを示す一つの指標といえる。


【おうち外食で支援広がる】食材廃棄削減をECで応援
緊急事態宣言で外出自粛が続く中、業務用食材を卸売りする企業による食材廃棄が社会問題になっている。こうした社会課題を解決する手段としてECを活用する動きが活発化。普段は購入することができない外食店の食材を自宅で楽しむことができる商品を充実させている。「おうち外食」を通じて、廃棄ロスという社会課題の解決と外食店の支援につなげようとする試みだ。

地域限定の生鮮品ECモール「センチョク」を運営するフードサプライは年明けから相次いで外食支援を打ち出している。1月7日には、期間限定で黒毛和牛を卸価格で販売する企画を実施。1月13日には国産本マグロも販売し、解体の様子を公式ユーチューブでライブ配信した。

ECでは「初めて」(同社)という豊洲市場に当日並んでいる商品を当日届ける。卸業者から直接仕入れているため、「新鮮な状態で購入できる点が他のECにはない強みだ」(向井昇氏)と話す。

また、「塚田農場」を展開するエー・ピーホールディングスは、自社ECサイト「おうち塚田農場 産直便」で人気の地鶏鍋セットなど全商品の10%引き販売を開始した。会計時にクーポンコードを入力すれば利用できるキャンペーンを期間限定で展開する。


「おうち塚田農場 産直便」で全商品の10%引き販売を開始

産直EC「食べチョク」を運営するビビッドガーデンは1注文につき最大500円を負担する「巣ごもり応援プログラム」を開始。「打撃を受けている生産者の新たな販路拡大を目指す」(同社)としている。


【美容品】美容器の需要拡大に期待
ライブコマースを活用した認知拡大や、マスクが必需品となった新生活様式に向けた商品開発など、各社では時流に合わせた販促が活発だ。気軽に「ながら美容」ができる美容機器は今後も売れ行き伸長が期待される。

美容品ECを手掛けるARTISTIC&Co.は、美顔器「Dr.Arrivo(ドクターアリーヴォ)」シリーズの主力商品「Dr.Arrivo Zeus(ゼウス)Ⅱ」(税抜20万円)と、「Dr.Arrivo Zeus(ザ ゼウス)」(スワロフスキーの装飾なしが同14万5000円/装飾ありが同15万5000円)の売り上げが順調だ。


「Dr.Arrivo Zeus Ⅱ」

足元では、日本国内のファン向けに昨年の大晦日から今年の元日にかけてライブコマースを配信した。総視聴者数は約20万人で、両日の売り上げは約1000万円となった。

元日にテレビ朝日のバラエティー番組で「Dr.Arrivo Zeus Ⅱ」が紹介されたことも、ライブ視聴者数の増加につながった。

ヤーマンは、顔に装着するウェアラブル美顔器「メディリフト」シリーズから昨年12月、装着したまま外出できる新商品「メディリフト フェイスリフトマスク」(同3000円)を公式オンラインストアで発売した。

あご下から顔をしっかり持ち上げる構造で、すっきりとした印象のフェイスラインに導く。マスク生活が定着した昨今、「マスク×美容」の発想は今後さらなるヒットが期待できそうだ。


【調理家電】本格調理家電の需要拡大
長引く外出自粛で、飲食店に行く機会が減っている今、より本格的な料理を作ることができる調理家電の注目度がさらに高まっている。

家電量販店や雑貨店のECサイトでは、調理家電の販売が活況だ。グリルやトースター、圧力鍋を中心に販売が拡大している。

調理家電の中でも、特定の材料や料理に焦点を当てた商品に注目が集まる。

家電メーカーのライソンが提供するのは、直径10センチメートルのたこ焼きが作れる「ギガたこ焼き器」だ。これまでの累計販売台数は2万2000台を超えている。

同社は、カップ焼きそば「ペヤング」の調理に特化したホットプレート「焼きペヤングメーカー」も販売しており、こちらも4万5000台以上の販売実績がある。

また、「巣ごもり」傾向と、冬の冷え込みにより、家庭で焼き芋を調理する人も増加しているようだ。

ライソンでは2020年11月に、焼き芋専用の「超蜜やきいもトースター」のクラウドファンディングによる販売を行っている。


焼き芋に特化した「超蜜やきいもトースター」

「超蜜やきいもトースター」は、焼くだけで密を多く含んだ焼き芋を焼き上げる。本体のボタンを押すと、「近赤外線」で焼き上げる。サツマイモの品種に合わせ、ホクホクやネットリなどの加減を好みで調整できる。今年の2月から、購入した顧客に商品を発送する予定だ。


「超蜜やきいもトースター」で焼き上げた焼き芋

より個性的な調理家電は今後もさらに増える可能性がある。